So-net無料ブログ作成
検索選択
TV(CS他含)感想 ブログトップ

エレカシ出演NHK「SONGS(428回)」(2017/7/13)感想 [TV(CS他含)感想]

SONGS見たあとこんなでした↓
  _,,..,,,,_
/ ,' 3  `ヽーっ
l   ⊃ ⌒_つ
`'ー---‐'''''""
↑カッコよさでグサグサ心を打ち抜かれて動けない人

もう何も言うまい、、、
ファイテングマンね、、、

もちろん「今宵の月のように」も、みんなのうたの「風と共に」も素晴らしかったです。

ただやはり、今回のSONGS、「ファイティングマン」がとにかく凄かった、、、
あまりのカッコよさに唖然。
絶好調のツアー真っ最中で、ライブ余韻をそのまま纏(まと)ったような状態で、ライブでさらされる(ある意味テレビではなかなかその魅力をさらさない)エレカシの野性味を帯びたソリッドな姿が余すところなく、これでもかと映し出されていた。

私がファンになった4年前のSONGSの頃よりも、あきらかに魅力を増した宮本さん、エレカシの姿がそこにあった。

元々かっこよかったからファンに転落したわけなのだが、今回SONGSの、研ぎ澄まされたカミソリのような鋭さと繊細なオーラをまとい、カメラの向こう側に向かって鼓舞するように歌う宮本さんの姿には、さらに打ちのめされた。
体の周囲に透明な澄んだ空気が張り付いているような…
顔つきもなんだか精悍になられたような、、

それであの歌ですからね。
雰囲気含めたルックスの良さはあくまで付随的な魅力であり。
それら全て含めステージパフォーマンスなのだから切り離せないものではありますが。

フロントマンの宮本さんが当然目立つけれど、ガッツリ呼吸一致の演奏陣の凄みも見逃せない。

凄いとしか言いようがない、どんな言葉も蛇足にしかならないような気がしました(と言いつつ感想書いてますが!)

※爆笑問題の太田さんとのトークも凄くよくて、書きたいことはキリがないのですが時間的に余裕なく触れられずスミマセン(´;Д;`)


スポンサーリンク





共通テーマ:音楽

しつこいですがトーキングフルーツの1コマについて [TV(CS他含)感想]

先日更新のさらなる追記でホントにくどいのですが、でも私的にはグッときた一言だったのでさらに掘り下げてみました。

プロの歌い手が「結構上手に歌えたと思います」照れニコ^^*[あせあせ(飛び散る汗)]について

先日記事の注釈として書いておきたいのは宮本さんがそういうあけっぴろげな発言をされるのは、おそらく「自身の歌に絶対的な自信があり「こんな事言ったら恥ずかしい」という心配などする必要がない、だから堂々と「結構上手に歌えたと思います」と言ってしまえるのだと思いました。

これは具体例などあげる必要ないしあげたらヤヴァいから書かないですが、仮に歌を生業としてるものの「正直歌唱力を全面押しできん」という方が「上手に歌えたと思います!」と言ってしまう→「いつもよりはよいかも」とその場にいる人脳内に浮かび恐ろしく気まずいであろうし、
さらに書いてしまえば、歌手としての地位が確固たるモノだがよくよく冷静に聞くと実はビッグネームブランドだからありということになっているような人、例えば年末の出たい番組に出られないから「スタジオ押さえてたのにー」と逆ギレするような大御所さんとか、が「上手に歌えたと思います」→その場で聞いてる人が(えっそうなの?)とか(…正直よくわからんがそうだったんだ汗)などとなり色んな意味でその場の空気微妙(;´Д`)になると思われ、「だから大御所であっても実は中途半端な実力という人は絶対に言わないよねコレ」と思うのですよね。


くどくど書きましたが、つまり上手と自ら言って寒くならないためには凡人やそこいらの同業者が太刀打ち出来ないほどの相当な実力がないとキツい。イメージ吉田美和さんとか、石川さゆりさんとか、ならありな気が(笑)※勿論同男性ロック分野でもいらっしゃるけどそこはあえてはずしますよっと(_ _) 力が中途半端な人(それなり歌上手いで売っている人であれど)だと鼻にかけた感じに見えて「何自分で言っちゃってるの」と思われかねないですし。

完膚無きまでに「すごっ」とか「感動してもう泣いてます(´д⊂)」て思えるものを見せれば事実そのままなので嫌味にはならないよね…

宮本さんが「それ」を言っても全く嫌味にならず清々しいのはだからなのだろうし、これはファンとしては爽快感すら感じてしまう、さりげないけれどなんともカッチョいいワンシーンでした。


…いろいろ書いたけど、そういう細かい話抜きに自分で上手と言うのがアリであろう凄い歌い手の方、たとえば上に書いた石川さゆりさんや吉田さん、管理人好きな草野さんとか?他であってもやはりあまり言わない気がしますね(^^;;
ちょっと気恥しいというのがあると思うし、いろいろな有名バンドや歌い手の方が「上手に歌えたと思います♪」照れニコ^^*はやはり想像し難い。
…先記事に書いたことと重なるけど、小難しい理屈はさておき、そんな無垢・あけっぴろげな宮本さんの様子は何か清々しいし素敵だと思いました。

また宮本さんがもう1曲の「今宵の月のように」の直後、「もうちょっと大きな声で歌うべきでした」と、高レベルな中での冷静な自分歌への考察をしており、聞き手がわからないような範囲での気になることも開けっぴろげにしていて、「やたらに自我自賛しているわけではないのだ」という点もしっかりと書いておきたいです。

上手と言えばそれは本当にそう思った&そうだったからであり、気になる点があれば今宵~の直後のように一般的にプロ歌い手なら自分の歌の細かい手の内あかしはしたくない・自分歌にダメ出しはしたくないのが普通と思われるのに開けっぴろげにそれを言う。なんて気持ちのよい人なんだろう!

卑下もせずオラオラにもならず、自分のパフォーマンスを、歌に入り込みつつもしっかりと客観視しているこれぞ音楽のプロという職人ぶりをお茶目な振る舞いをしつつも見せつけて下さり、いや番組全般本当面白かったです。


同番組については本当に他にも気になるシーンが多々で書ききれない(^^;;
冒頭古舘さんをもてなそうと近くにあった小さい丸テーブルを移動させようとして、テーブルを古舘さんの頭に当てそうになり、手のひらでガードした様が一瞬「古舘さんうらやま」なのだが、そもそもぶつけかけたのが自分とかかなり面白いですし(笑)


…と、書こうと思えば永遠いけそうでもありますが流石にこの辺にします(笑)少し→顔全体で発音発声しているところ、こうやって感情を声に乗せるのだな、と興味深かったです!

スポンサーリンク





共通テーマ:音楽

トーキングフルーツ感想 [TV(CS他含)感想]

報告が遅くなりましたが、トーキングフルーツ、管理人在住地域がなんと1週間遅れの放送で、先ほどやっと、宮本さんの出演回を見ることができました!

いやいや見たばかりなので興奮冷めやらず…
(プライベートスタジオ!!)

まず理屈抜きのみたまま率直感想を→…もう素敵だよね、本当に本当に素敵だよね宮本さん、あの「目」を皆さんご覧になりましたか?澄んでるよね、ストレートだよね、キラキラだよね:;(∩´﹏`∩);:

で様々気になることはあるが…
→「月夜の散歩キター━(゚∀゚)━!」

で「結構上手に歌えたと思います」と謙遜せずが素敵でした。
なんというかこの一言の重さってすごいと思ったんですよ。

おそらく一般的に、生業(なりわい)にしてる方で「上手に歌えた」というパンピーみたいな(失礼表現かもしれないですが賛美の意味で書きますのでご容赦をm(_ _)m)はしないと思う、だからグッと宮本さんの一言が響いてくるとも言えるのかなと、、
プロだったらそれがうまくいったかいかなかったかを述べることは自分の歌に出来不出来があると言うようなものだからプロはおそらく無意識にその言葉を避ける。単純にプロ歌手がそれを言うのは気恥しいというのもあるだろう。

(※注釈:わざわざ注釈をつける必要もなく当然ながら管理人がファンになってから聴いてきた宮本さんの歌は、声のその時の調子から部分的にかすれたなどのほんの少しの差異があるぐらいで「宮本さんがそれを言ったからと言って波があるわけではけしてない」という事は、もしファンになりたての方が当ブログを読んで下さった場合の事を考え書かせて頂きたいですm(_ _)mその証拠にトーキングフルーツでの「今宵の月のように」の直後に「最初のが出来はよい」の宮本さんのコメントがありましたが、「いやいやいやいや(;´Д`)今のも完璧ですから」と突っ込んだのは私だけではないですよね?(笑) つまり宮本さんが上手に歌えたというのは、「ほとんど完璧な上で敢えて比較した場合」という注釈が必要かと思います…※てかこの注釈長すぎ( TДT))

でも心オープンで気取らない宮本さんは無垢な少年が「上手に歌えた!」と素直に喜ぶように開けっぴろげに感想を述べる。その純な感じがまさにあのキラキラ眼にそのまま現れていて見ているこちらの心も洗われるみたいな(´ー`)


他にもいろいろ感想ありますが「今宵の月のように」含め、マイクで増幅しないそのまま歌いな為に、素の話し声と歌声の対比がまんまわかる所が凄いレア映像だなと。

マイクで増幅されない宮本さんの素の歌声、それは素晴らしい美声であるが、マイクを通さない為にあくまで1人の人間が発する声なのだな、と感じられる。ライブ会場で多くの人の心を震わせる歌声の素がまさにこれなのだな、そう思うと無性に泣けるのは私だけでしょうか!?
またマイク増幅しないことにより、素の声の魅力がが洗いざらいよくわかる(ある意味誤魔化しが全く聞かないのだから歌唱力次第では恐怖なシチュエーションだろう)という、ファンであればこんなにグッとくる番組があるか(まぁ他番組でも見る対象に魅力がありすぎる為に結局ぐっとくるのだが)という内容でしたね。

もうね、どこから声をだされておられるのかとか、なんだこれは!!という領域で(どこからって喉に決まってるだろ!おかしなチャチャ入れるなや!と自分で突っ込みかけて、いや宮本さんの場合は体全体でとか、さらには心や生き様で歌っている、など深い話が絡んできそうなので失礼とも言いきれないかもしれない)

きちんと幼少から歌を学んできた宮本さんなので発音発声テクニック的なものも勿論完璧なのだろうが、やはり声質自体が神がかっていると思いました。
透明感あるのにややハスキーというか、でしっかり男っぽさがあるというのでしょうか(余談:人間には声変わりという興味深い現象があるのでこの声の男っぽさとは何かというのは深い気がします)

その神がかった声で、本当に丁寧に1語1語、この上なくというぐらい繊細に言葉を大切に歌うのだから聞き手はたまらないわけですね。

ライブでも映像でも何度も見てきているけれどもあらためて凄さを認識した感じで。もう宮本さん歌上手いわマジでって理由だけで涙出るぐらいすごかったです:;(∩´﹏`∩);:

※残念ながら時間切れでここまでですが(^-^; 追記できたらするかもしれません。
※ちゃんと書ききらないでも直後に書く感想記録に勝るものはない気がしてこういうハンパな書き方が多々で申し訳ないですm(_ _)mきちんと情報網羅し緻密な内容更新されているブロガーさんにはひれ伏したくなります…汗

スポンサーリンク





共通テーマ:音楽

Mステ最高パフォ&クリスさん♡のシブ5時&ROJ写真! [TV(CS他含)感想]

いや、今回もきちんとした事を書けなそうなのですがm(_ _)m
ファンの皆様嬉しい悲鳴ですよね!!最近の出演ラッシュや雑誌嵐。

管理人てしてはブンブンブーン非放送地域なのが痛恨でしたが、気を取り直し。

シブ5時の弾き語り凄かったですね…
なんだろう、クリスさんの優しい乙女っぽい雰囲気の影響なのか、宮本さんも何か優しい雰囲気をかもしながら素晴らしい歌声を…

途中チラりと何度かクリスさんの方に視線を向けるのは、スタッフ以外はマンツーな空間なので、歌に入り込み完全無視してしまうのは申し訳ないみたいな宮本さんの気づかいとか優しさを感じたのは管理人だけでしょうか?ほんとに素敵すぎましたね。

そして同日、Mステスペシャル、なにか凄かったですよね??
勿論普段も素晴らしくかっこよいエレカシですが、歌い方も昔の曲をただ歌うでなく、毎日毎日最善パフォの気概で塗り替えられてきた今の「悲しみの果て」のさらに真骨頂みたいな、これが楽曲のパワー全部だぜと「歌い切る」とはこの事なのかと唖然。

もはや「神々しい宮本様」みたいになっておられ、なんか渋かわとか気安く言っちゃいけないな(;´Д`)みたいな(でも言うけど)カッコよすぎてちょっと遠くに行ってしまった感すらありました。。

いやこれは新規ファンさんたちが5年前キムタクさんとの共演の「悲しみの果て」をTVで見た私のように射抜かれてやってこられるでしょうw

…で何何ロッキンオンJAPANさんがまたやって下さり…??
後ろ姿が、、、これでもかと&ワッショイ写真(´д⊂) なんだろね、スミマセン言葉にできないです、、、 よかったねエレファントカシマシ、みたいな、やはりエレカシって宮本さんだけじゃなくて石森さん高緑さん冨永さんあってのエレカシで。それでワッショイとか、まじでなんか泣ける、、、、orz

24歳インタも思った以上にゴリゴリで。今はあまり語られない政治話とか。
恋愛についてとかドキドキ(´°Д°`)
性欲とかってマジかいなみたいなドキドキ(´°Д°`)
まだじっくり読めてないのでこれから楽しみです。

余談ですがロッキンオンJAPAN買うとサイン欲しさにハガキを出していて、過去「宮本さんの後ろ姿キボンヌ」というような事を書いたことがあるんですね。
で今回のROJ見て、うわあああああ夢かなえて下さり感謝みたいな(勿論管理人リクエストによりでなく単に偶然なのですが)

過去書いたもの→「対談:斉藤和義VS宮本浩次」や「ロック歌手は背中で語る!人気ロックアーティストの後ろ姿写真(絶対に宮本さんは入れて下さい)」とかもうアホなんですがw
実現せよというより雑誌スタッフさんや、あわよくば山崎総編集長様の目に入り、ニヤリとしていただけたら本望みたいな(笑)感じで。

なぜ後ろ姿?→宮本さんの後ろ姿、なんだろう、ああいう方っていそうであまりいないというか、宮本さんのように美しくて意思の感じられる後ろ姿をしてる方って、一般人ではもちろん、芸能人含めてもあまりいないような気がするんですよね。

エレカシにハマったきっかけは5年前ミュージックフェアでしたが、同時期ソングスという特集番組内で、赤羽を歩くエレカシみたいなシーンがあり、団地の公園前で話している宮本さんの立ち姿があまりにかっこよかった、というのも実はあります。後ろ姿というかそれは立ち姿ですかね。凛としてる…上手く言えないですけどこういう綺麗な立ち姿の人ってあまりいないなと思ったんです。

どこかで読んだことがあるのですが、人は前から見たらその人の気持ちが、後ろ姿には生き様が出る、とか、、、
なるほど、、、と納得してしまう、宮本さんを見ていると。


スポンサーリンク





共通テーマ:音楽

斜め後方からの贅沢アングル→ミュージックフェア [TV(CS他含)感想]

いや~仲間由紀恵さん美しいですね。。。
仲間さんのクールな雰囲気で頭冷やせてよかったです…
でないと何を書くかわからないじゃないけど、、、

いや~~~

なんだろう?

宮本さんのカッコよさの加速具合なんだろう?

この感じで大阪城ホール、さぞ最高だったことでしょうね!( ゚д゚)クワッ

ミュージックフェアの映像監督的な立場の方、マジ感謝と思ったのは私だけでしょうか?

武士のごとく凛とした立ち姿がこれでもかとよくわかる宮本さん斜め前・後方上からの立ち姿、これでもか、これでもか、と余すところなく映してくださりましたなあああ(´д⊂)

そして当然カメラアングルとかそんな事が大事なのではないんだよ。。。

もう射抜かれるよね、という透明感とパワーと、魂ぶち込みの歌声で、ストレート目力がパないマジ宮本さんかっけえええですわぁあああ

宮本さんだけでなく、冨永さんのドラムも力と自信に満ちているし、激シブ高緑さん、石森さんもかっちょよい。当然そんなバンドから醸し出されるグルーブは最高で、私がファンになった5年前より確実にバンドは進化してますね。

ワーン自分生まれてきて辛いこともあったがそれ以上に最強かっちょよいバンド見られる立場に感謝(´д⊂)みたいなよくわからない「ありがとう」みたいな気持ちにすらなってしまったミュージックフェアでした。た。。

※斉藤和義さんの事や、宮本さんの白髪になんか激萌えすとかでどんどん自分がおかしくなっている事なども書きたいのですが時間切れで今日はこれにてm(_ _)m


スポンサーリンク





共通テーマ:音楽

赤いスイトピーの乙女さに胸ずきゅんです… [TV(CS他含)感想]

※時系列バラバラでの書きなぐりが続いていて申し訳ないです。

諸事情で本日やっとNHKBSで放送の「カバーズ」を遅ればせながらやっと見ることが出来ました、、、

いろいろ気になるのですが、松田聖子さんのカバー「赤いスイートピー」がなにせ凄いですね。

もうね・・・
   ∧_∧
  ( ;´ A`)
  (つ ノつ
  /ゝ 〉
 (_(_)

みやじの乙女さ全開きたよー( ゚∀゚ )━( ゚∀)━(  ゚)━!!

何?どうしたらいいの?あのAメロの繊細優しさ乙女歌い、、、(管理人的には2番のAメロが特に)
こんなこと有り得ますかね?50歳の男が、少女よりも少女らしいというか、リリーさんが仰ってた言葉はズバリですね、、、「妖精」

マジでファンであれば胸がぎゅっとしない人はいないはず、、

管理人、ギュッとするを通り越し、心が30回ぐらい捻られてしめ縄のようになった挙句、それを床に投げつけこれでもかと踏みつけ再起不能になり胸に戻ってきて苦しいみたいになってしまいました。。

またまたリリーさんの言葉を借りれば、赤いスイトピージャケの「もう少しで死ぬ」っていう可愛さ、それです。

いや、もう男目線なのかな?これ(笑)性的に不一致を起こした上に目覚めちゃったみたいなどんだけ倒錯してるのかw(冗談じゃなく、そう思ってしまうほどの表現力で歌いきっておられたと思うんですよ)

でも星の砂とか、ライブでがっつり男くさいよね、、、

振り幅どんだけ広いねん・゜・(ノД`)・゜・。


茶化すような事はやめてm(_ _)m
男用にキーを変えるか迷ってそのままにしたっていう所に、こだわりや原曲への敬意を感じました。

これまでも感じてきたことですが、宮本さんが歌われるカバー曲って、勿論エレカシの持ち曲も丁寧な上で、さらに細心の注意を払い歌っているというか。
管理人のボキャでうまく言葉にできないですが、曲とちょっと距離を置いている?
敢えて歌い手の個性を控えめに、とにかく丁寧にキチッと歌うという事に専念しているように思えます。

その結果、モロに歌い手の力量がさらけ出され、まさに「宮本さんならでは」のカバーになっているという興味深い構図。
それを支える演奏陣の奮闘も見逃せないです。

改めて宮本さんの歌の細部までぞんざいにしない繊細な表現力を確認した感じのカバーズ。
「喝采」についても書きたいが時間的に今日はここまでとなりましたm(_ _)m(それでも最後の目の見開きで心打ち抜かれたというのは書いておきたい)

スポンサーリンク





共通テーマ:音楽

スッキリでギターを持たなかったのはなぜか(あくまで主観による考察) [TV(CS他含)感想]

すっかり更新が滞ってしまい申し訳ありません。
エレカシ熱は相変わらずなのですが、、

健康だけが取得みたいな管理人でしたが、体調を崩したり他生活面でもいろいろあったりでブログは手付かずでしたm(_ _)m

そんな間にもいろいろありましたね。
スッキリも見ました!
歌い出しやり直しの件はネットニュースでも出てきてまとめサイトにも取り上げられたり、youtubeのアクセスも凄いことになってましたね。
結果的に非ファンの人の目に入る機会が増えて意図せずよい宣伝になってしまっているところが、狙わずにしてそれがめちゃくちゃカッコ良いみたいなシーンが多い気がする宮本さんらしいな、なんて思いました。

いやぁ~もう新春公演他全般あれだけ完璧にキメてくれて、なぜにこんなにガチガチに?とそのギャップがグッとくるとか、カワユスとか、フォローナイスすぎたとか感想はいろいろありそうですね。
それはもうデフォルト話みたいな感じでスルーとして…

私が気になったのはですね、その後なんですよ特に、、、(勿論先に書いたことも思ったのですがw)


流石に騒ぎになってる渦中だと検索に引っかかりそうだったりで書けませんでしたが、もういいよね?って感じで…

これもうyoutubeコメントや他でも書かれたりしてるからいいよねと書きますが、投票で決まった2曲目「今宵の~」ですが、よくよく聞いてみると、宮本さんアコギ持ってないけれど、アコギ音入ってますよね~

おそらくM○テなど他ライブ形式ではない音楽番組でよくある、歌は生で演奏は録音だと思いました(もちろん確実にではないのであくまで管理人推測。「俺たちの~」は演奏してるかも?ですがちと判断つきません汗)

もしこういうシステムご存知ない方いたら、えっ演奏陣は演技なの?と驚かれるかもしれませんが、演技というよりTVってそういうものだから別に演技でもないし、それがミュージシャンのある意味仕事と管理人は捉えております。
口パクは非アイドルなら許容範囲外な気はしますが、、

TVで演奏が録音というのは、演奏までリハして音調整する時間が取れない場合よくあることだと思います。
もちろん録音でない場合もあるでしょうし、特にそのアーティストの特集番組などはちゃんと演奏するのではないでしょうか(番組により違うと思うのでどういう場合がと一概に言えないけれど)

ちなみに演奏が録音と言っても、単に放送される音として使われないだけで、ドラムもベース、ギターもそのまま普段通り指動かし音も出してると思うので。楽器弾けない例えばアイドルさんがエアーでパフォするのと意味合いが違うかと…(そんなアイドルもあまりいないでしょうが)


…長くなりましたが、ここではテレビでのそういうシステムのついて書きたいのではなく、私が「なんて粋なんだ」と思ったのが、宮本さんが音にアコギ入ってるのに平然と後ろに置いてあるアコギを手にせずに歌ったことです。

投票で「悲しみの~」だったら黒いエレキギター、「今宵~」だったらアコギ、という感じで、宮本さん背後のスタンドに2本待機していましたよね。

どういう経緯でそういう流れ(ギター持たず)になったのかわかりませんが、音を聞いて聞き込めばアコギが入っている演奏なのに不自然とも言えると思います。

※以下あくまで推測なのでそれ前提でお願いしますm(_ _)m

投票で「今宵~」に決まりました→音が放送されないのにアコギを背後のスタンドからよいしょと手に取り肩にかける、っていう「ポーズでしかない行動」が、上っ面っぽくて嫌だったのかな?とか、、、
なんとなく宮本さんならありそうかなって。

イメージ的にはポージング云々など理屈上というよりも、「音放送されないし振り向いてギター持つのなんかめんどくさいからもう持たないでいいね」っていう、理屈云々でなくごく自然にそういう流れになったのかな、とも。。

で、これってめちゃくちゃ自分的にはぐっときたんです。

TV側の立場からしたら、全部生っていう話になった方がよいわけではないですか(たとえそういうシステムが多くの人に知られてるとしても)
その為には、ギターを持つことぐらい造作ないわけで、ギターを持って歌ったならおそらく私も演奏が録音だとは気付かなかったわけだし(生演奏か見破ろうだなんて注視しないですし)他いろいろな所で指摘される事は減ります。
もしTV番組側に媚を売りたいなら明らかにそういう演技をした方がいいわけですし…

アコギを持たない=演奏は生ではないとわかってしまってもいい、むしろわかってほしいというようにも取れます。
なぜそんなリスキーな振る舞いをしたのか?直接の理由はギター持つのが単にめんどくさいという理由だったとしても、根底にはやはりそういう張りぼて的行動は極力避けたい、という思いもありそうな気が。

…硬派イメージそのままのかっちょよい話すぎないかコレ(´°Д°`)と思った次第です。(他音楽番組でどうしてもという事もあるだろうし、絶対やらないではないだろうけれど)

あくまで上は推測なので…実際は?です。ただTV局側からの要望でギター持たず歌うことが最初から決まってたなら、背後にギター2本わざわざ置かないと思うんですよね??と考えると宮本さんの独断での持たず、なんじゃないのかなぁ…まさか忘れはしないでしょうし。


追記

TVなどで演奏は録音で弾いてるように振る舞うのを当て振りというみたいですね(昨日調べるまで私も知らなかったです!)

…昨日就寝前にいろいろ流し見してたらこんなものが。

★クリックでYOUTUBEへ(孤独な~)
※極力非公式のは貼らないようにしておりますが今回特殊事情的にてm(_ _)m

最初気づきませんでしたが、動画のコメント欄見て?と思い再び見てみると、ギターのネック握ってるものの完全コード抑えてませんw
これ見たら、やはり必要以上に弾く演技したくない方なんだなと…

…昨日ブログに書いた手前気になって、スッキリのいろんな反応を少し見てみたのですが、ちょっと気になったのが、TV側の都合でああなったのか?(背後にギターあり持たず)という推測もちらほらで、管理人的には「そんな当て振りバレバレの状況を敢えてTV側が要請するかな?」と思いつつも、管理人の推測含め誰も断言はできないので、「もしそうだったら可哀想でね?」(TV側要望でギター持たず、前奏なしの「今宵」出だしが音程取りにくく歌いにくかったのなら)とさらに気になってしまい。ある意味楽器背後に置いて楽器持つなってプロミュージシャンに侮辱だし、えっ流石にそれはないと思いたいっす(´°Д°`)と…

で、もう1度スッキリ録画見てみると、曲紹介のアナウンス中、司会者にカメラ切り替わるので明らかにそこでギターを持つ時間はあるんです。 だからTV側から持たせない理由はないわけで(理由があるとしたら時間が無いだろうから)やはりご本人の意思で持たなかったっぽいよね。。
しかしこれもう真相わからんよなwと思いました。

…その矢先、上の「孤独な~」の動画見つけたのですが(コード押さえるの完全放棄w)これって当て振りで過剰に弾くふりをしない氏のスタンスが垣間見られる気が。
てことは、やはり今宵のアコギ持たずはご本人が「そうした」のかな?という気がしてきました(´・∀・`)♪

どういう気持ちでの行動なのかわかりようもないけれど、「これ録音で本当の俺たちの音楽(生演奏でこそ映える)じゃないから」というアピールをしたいというより、単に「無駄な動きする必要ないから特にしない」&「そういう小細工に微量でも力使うぐらいなら何もしないで歌に集中した方がいいし」という不必要なことはしないという自然な流れっぽいかなーとあくまで管理人推測です。

ミュージシャンの中には俺たちに当て振りなんかさせんな、舐めんな、という自己主張的にそういうの事する人はいそうな気がしますが、宮本さんってそういう反骨アピみたいなことすら暑苦しいって思いそうなイメージ…?(あくまで管理人印象です)

長々書きましたが、全般余計な推測ながら、ギター持たせてもらえなかったという話にしてしまうのは、何か勿体ないとも思いしつこく書いてみました~。(ドラマ出られるぐらいの演技力あるのにそこでは演技しないとか素敵やん( ´ ▽ ` )ノ ♡)

~~~~~

30周年大阪のライブも迫ってきていますね。
管理人はちとスケジュール的に行けず無念。
行かれる方は満喫してくださいね♪(羨まデス!!)


※この記事内容管理人的には好きな話ですが、ちと微妙でもあるかもしれないのでもしかしたら後日削除するかもしれませんm(_ _)m勝手でスミマセン


追記
この時期に敢えてこれを買うというw(*´∀`*)
20170223_143752.jpg
20170223_143806.jpg
TSUTAYAで見かけて我慢できず、、、(我が祈りのライブ版いいですね…)

スポンサーリンク





共通テーマ:音楽
TV(CS他含)感想 ブログトップ