So-net無料ブログ作成
検索選択

遡りネタですがスペースシャワーTVのライブ凄いですね、、 [エレファントカシマシ]

雑誌ラッシュに絡めかっちょいい写真がぁ(´ `;)などの更新が続いていました…
年明けから生活が何かとバタついていたのですが、最近ようやく落ち着いてきて、雑誌を落ち着いて読めたり溜めていた録画を少しずつ見たりしています(残念ながらしばらくライブ予定なし(ノД`))

本日まだじっくり見られていなかった、タイトルにも書いたスペースシャワーTVの特別ライブ(SPACE SHOWER TV LIVE with YOU)を再生してみたら(こちらスペースシャワーTV公式サイトの告知ページ)「悲しみの果て」では突如眼球から涙が吹き出しまして。
理由はよくわからないのですが、歌詞に感動とか、励まされたとかもうそういう次元ではないんですよね、、
(もちろんその中に歌詞に感動も励まされたも含まれているのですが)

見始めて早々凄いなと思ったのが「確実に自分がファンになって初のスーパーアリーナの時よりも、今のエレカシ、宮本さんがカッコよくなっている」という事です。

45歳から5年って、もちろん切磋琢磨して生活している人であれば社会的地位などは上がったりするとは思うのですが同時に自分はここまでか、というラインが見えてくる人が大多数かと、、
&性別関係なくルックス的な「衰え」という事と対面する事にもなるのは、ほぼ万人共通というイメージを持っていました。

その上で、このスペースシャワーTVの特別ライブ見ていくと、数年前のスパアリの頃の宮本さんが「若い」ではなく「幼く」見えてくるのは気のせいでしょうか。
少なくとも管理人にはそう見え…(勿論最高カッコ良いですスパアリも)

それって→「昔が若い=今が老けた衰えた」であるから、「昔が幼い=現在は昔より進化し魅力を増した」って事であり、世間一般の40代後半~50歳の年齢を重ねるイメージを逆行払拭しちゃってるなと驚きます。

宮本さんの元々鋭い目つきや目ヂカラがさらに強みを増し、さらに研ぎ澄まされたというのでしょうか。
何か確固たるものを手にした自信がみなぎっているような…?
それと不思議と今の方が硬派イメージが増して男っぽい。

当然というか、その宮本さんのキレキレの男前の様相と、エレファントカシマシの音楽パフォーマンスはリンクしている。

「悲しみの果て」ってファンになってから何度も聞いてきたけれど、今の「悲しみの果て」って凄いですよね?
これは既にエレカシ好きな方には絶対頷いてもらえると思うのですが…

これ他曲も勿論同様なんですが(管理人眼球から涙がみたいなのが悲しみの果てだったので敢えて特化して書かせていただいたけれど)
全体曲リズムが、特にここ2年ぐらいでさらに重くなってキレも増し、ここ数ヶ月はさらにそれが高みに上り詰めた感があり、スペースシャワーにしろ他TV出演にしろガツんと来る感がハンパない。

その重みを増した演奏が、自信みなぎる宮本さんの歌とがっつり絡み合って物凄いうねるような熱量を持ち、さらなる高みへみたいな上昇スパイラルが生じていませんか?

驚異的なのが、たとえばちょい演奏と歌の間合いがズレた(スペースシャワーのファイティングマンでややそういう一瞬が)としても、それすらも演奏のうねりとして魅力に変えている。

以前(というと漠然としているが)なら演奏と歌がズレたら宮本さんがそれを単なる「デメリット」と捉えていたと思うし、10年単位で遡れば苛立ちを顕にした事もあったと思います。

ところがスペースシャワーのファイティングマンではどうだろう?
少しタイミングがズレたところで宮本さんもバンドも焦りは全く見せない。宮本さんもリズム隊もお互いに次の瞬間で「うまくやる」という確信があるようにそのまま疾走する。
そして疾走感はそのままに、数秒の間に、間の差異をさぐり合い半ば強引に埋めてしまう。

その様が、何か男宮本(あえて敬称なしで)と、リズム隊の核である男冨永の「我」のぶつかりあいそのもの、みたいで、それがめちゃめちゃカッコいい。機械が成す音楽であれば有り得ない事だ。そこに高緑の重いベース音が重なり、石森のギターが絡む。そして再びがっちり間が合致した音の塊と、宮本の歌と。

その一連は、意識してやっているというより無意識の領域で成されているように見える。それぐらい「今のエレカシはバンドメンバー間の息が合っている」インタビューで語られる膨大な時間の練習とリハありきの事なのだろうか?

勿論イレギュラーなそれではなくメンバー間のノリと息が完全に合致した歌と演奏はド凄い。
2017新春武道館のファイティングマンの、完全バンドのノリが合致した音の固まり、ブレイクで武道館客席までシーンとする感じとか凄かったですからね~(大阪城は非参加でして(T^T)自分行ったライブとしてはZepp東京のDJinmylifeなどものすごいよいグルーヴ空気感、野音も全般凄かった~)

明らかに5年前よりもバンドとして腕を上げている。
エレカシ程の立ち位置を音楽シーンで保てているのなら「現状維持」に終始してもおかしくはない、というより本来の意味50歳という年齢を考えたら、現状維持していたら凄いのに。

そういう諸々含め、なんだか全部がめちゃめちゃカッコいい。
頑張ってるな、エレカシ。宮本さん。
…そう思ったらなぜか泣けた。
他にも全般「やさしさ」や「花男」など、動画で見る20代30代の頃よりも断然よいステージ(サウンド面、若い頃より体幹がしっかりして芯がある立ち姿、表情1つぞんざいにしない今の宮本さんのプロ表現力含め)をしているって、やっぱり見ていて素直に感動します。
理屈ではなく姿で人間の可能性を感じさせてくれる。

…いろいろ含め、泣けるというと安っぽいのだが、自然に涙がボロクソでした。

メンバーの信頼と阿吽の呼吸と、その上に成り立つうねりのある今のエレカシのパフォを比べるとしたら、たとえばソロ活動をし引き連れるスタジオミュージシャンが寸分の狂いもない綺麗な演奏するステージなど無味乾燥とは言わないけれど物足りないと言わざるを得ない気がする(比較するのはナンセンスな前提で)

今のエレカシの存在はバンドサウンドの勝利を体現しているのではないか?譜面通り型通りがベストではない、理屈を超えた、臭い言い方だが「心」と「信頼」が成し得る最高の、、、



スポンサーリンク





共通テーマ:音楽

やはり表紙だと買ってしまう→BPASSオールエリア [エレファントカシマシ]

更新ができていないのですがm(_ _)m
ネタがないのではなく雑誌ラッシュ他色々で付いていくのが精一杯で更新まで手が回らない状態でした…(;´Д`)
公式サイトでグッズの通販発表もあったりとかで油断すると売り切れますしね…
写真集は取り急ぎ行けなかった写真展と連動のライブ写真集を買いました。他もいろいろ気になります…

雑誌ラッシュが落ち着いてきたところにこれが来ましたね!
20170421_081951.jpg
(B-PASSビーパスオールエリアVol.5)
もう資金的に無理だよと思ってたけれどシンプル正統派な写真が素敵過ぎましたヾ(●´∇`●)ノメンバー全員の構図カッコよいです。
※インタビュー自体も勿論気になる!

SNSでも気になる情報が多いですね。
ラジオ出演告知のこれとか…

4/21(金)25:25~『H♪LINE』 ナント!!デビュー30周年を迎えたエレファントカシマシの宮本さんからのメッセージが!!

これさりげなくぬいぐるみの持ち方が情熱的で気になってしまいました(笑)一般的にもう少しふんわり持つよね?みたいな。

おそらくこういうのが一般的かと…→
※こういうのがよくないという意味ではなく単に比較として載せさせて頂きましたm(_ _)m

…なんだろう、ぬいぐるみに媚びないながらもがっしり支えてくれる頼もしさと、包み込む優しさみたいなものを感じるというか(;´Д`q)素敵です、、
★念の為拡大。たかだかぬいぐるみ持つでここまで男前とはいやはや…
20170421_082125.jpg
安心感がハンパない!!

※ツアーがいよいよ始まっていますね。本来そちらの話題メインのはずですが管理人チケ取れなかったりいろいろでもう少し先になりそうですがとても楽しみです!!


スポンサーリンク





共通テーマ:音楽

Mステ最高パフォ来たクリスさん♡でROJでワッショイワッショイ… [エレファントカシマシ]

いや、今回もきちんとした事を書けなそうなのですがm(_ _)m
ファンの皆様嬉しい悲鳴ですよね!!最近の出演ラッシュや雑誌嵐。

管理人てしてはブンブンブーン非放送地域なのが痛恨でしたが、気を取り直し。(追記:管理人在住地域で6日遅れで放送されることがわかりました!確認済の方がほとんどだと思いますが、管理人のように早々に諦めかけていた訪問者様がいらしたら情報の確認をおすすめ致します!)

シブ5時の弾き語り凄かったですね…
なんだろう、クリスさんの優しい乙女っぽい雰囲気の影響なのか、宮本さんも何か優しい雰囲気をかもしながら素晴らしい歌声を…

途中チラりと何度かクリスさんの方に視線を向けるのは、スタッフ以外はマンツーな空間なので、歌に入り込み完全無視してしまうのは申し訳ないみたいな宮本さんの気づかいとか優しさを感じたのは管理人だけでしょうか?いや素敵すぎましたね。

そして同日、Mステスペシャル、なにか凄かったですよね??
勿論普段も素晴らしくかっこよいエレカシですが、歌い方もなんだろう、昔の曲をただ歌うでなく、毎日毎日最善パフォの気概で塗り替えられてきた今の「悲しみの果て」のさらに真骨頂みたいな、これが楽曲のパワー全部だぜと「歌い切る」とはこの事なのかと唖然。

もはや「神々しい宮本様」みたいになっておられ、なんか渋かわとか気安く言っちゃいけないな(;´Д`)みたいな、、、カッコよすぎてちょっと遠くに行ってしまった感すらありました。。

いやこれは新規ファンさんたちが5年前キムタクさんとの共演の「悲しみの果て」をTVで見た私のように射抜かれてやってこられるでしょうw


…で何何ロッキンオンJAPANさんがまたやって下さり…??

後ろ姿が、、、これでもかと&ワッショイ写真(´д⊂)
なんだろね、スミマセン言葉にできないです、、、
よかったねエレファントカシマシ、みたいな、やはりエレカシって宮本さんだけじゃなくて石森さん高緑さん冨永さんあってのエレカシで。それでワッショイとか、まじでなんか泣ける、、、、orz

24歳インタも思った以上にゴリゴリで。今はあまり語られない政治話とか。恋愛についてとかドキドキ(´°Д°`)こっちはさらしてるんだからみたいなマジかいなみたいなドキドキ(´°Д°`)まだじっくり読めてないのでこれから楽しみです。


余談ですがロッキンオンJAPAN買うとサイン欲しさにハガキを出していて、過去「宮本さんの後ろ姿キボンヌ」というような事を書いたことがあるんですね。
で今回のROJ見て、うわあああああ夢かなえて下さり感謝みたいな(勿論管理人リクエストによりでなく単に偶然なのですが)

過去書いたもの→「対談:斉藤和義VS宮本浩次」や「ロック歌手は背中で語る!人気ロックアーティストの後ろ姿写真(絶対に宮本さんは入れて下さい)」とかもうアホなんですがw
実現せよというより雑誌スタッフさんや、あわよくば山崎総編集長様の目に入り、ニヤリとしていただけたら本望みたいな(笑)感じで。

なぜ後ろ姿?→宮本さんの後ろ姿、なんだろう、ああいう方っていそうであまりいないというか、宮本さんのように美しくて意思の感じられる後ろ姿してる人って一般人ではもちろん、芸能人含めてもあまりいないような気がするんですよね。

エレカシにハマったきっかけは5年前ミュージックフェアでしたが、同時期ソングスという特集番組内で、赤羽を歩くエレカシみたいなシーンがあり、団地の公園前で話している宮本さんの立ち姿があまりにかっこよかった、というのも実はありますw後ろ姿というかそれは立ち姿ですかね。

どこかで読んだことがあるのですが、人は前から見たらその人の気持ちが、後ろ姿には生き様が出る、とか、、、
なるほど、、、と納得してしまう、宮本さんを見ていると。


スポンサーリンク





共通テーマ:音楽