So-net無料ブログ作成
検索選択

時制無視したあれこれ(スペースシャワーTVライブガストのニヤリを見て) [魅力考察(エレカシ)]

次更新はライブ後にしようと思っていたのですが(;´Д`)

…日常的にエレカシの音源やDVD、映像は隙間時間あれば常に楽しんでいますが、特に気に入っているスペースシャワーTVのライブ映像
(ちなみにこちら→SPACE SHOWER TV “LIVE with YOU” ~エレファントカシマシ~収録日: 2017/2/26(日) 収録場所:東京グローブ座
初回放送3/26(日)21:00~22:00)
の録画を少し見たらあまりのカッチョよさに気分動揺、、
これだけは書こうとブログ更新画面開いてしまいました、、

ガストロンジャーの歌い出して結構すぐの、「素晴らしい状況だとは絶対に思わねぇな俺は」の直後、宮本さんが向かって右側の顔を歪め口角をニッと上げるところがどちゃくそカッコよいイイイ_:(´ω`」 ∠):(カメラそこアップサンクス…)

見せますなぁ…というかもう、みやじカワユスとか言ってる場合じゃないっつーか、もうこれなんですよ、エレカシ、宮本浩次の魅力真骨頂みたいな?痛烈なシニシズムと暴力性を秘めた叫びと歌と。それに呼応し炸裂する冨永のドラムと高緑のベース、石森のギターが唸るみたいなね、、、
で、その渦中のあの表情、、、、
(と書いたもののアコギを持ちたおやかに月夜の散歩を歌うのも、さあ頑張ろうぜと聴衆をTVの向こうにいる人々を鼓舞するのも全部真骨頂なのですからどんだけ振り幅が広いのかという話に)

(よくよく考えたら宮本さんドラマでもあれだけの演技できるのですから、視覚的な事を意識したステージパフォーマンスや表情付けも当然可能そうです。でも実際ステージ上においては狙って云々というよりも、感情の発露としての色々な表情が大半で、その自然な感じがかっこよいですよね。ただ先に書いたガストロンジャーは意図的にオーバーにニタリとしたようにも見えるしそこがまたよい!!)

…ライブ行く前にカッコよさに打ちのめされて再起不能状態ですが行きます、ライブ。(ブログで身バレは控えたく事前にどこどこに行くは書かないようにしておりますm(_ _)m思わせぶり、ファンの方に知られたくないのではなく家族親族他もろもろの絡みというかまぁ人気ありますから身近にファンがいることもあるw)

それと先日記事の、すごくどうかと思うのですがこれ…→ルパン足云々の内容。さらっと書いたのですが、自画自賛ではないがこれ結構深いんじゃ…?更新後にふと気になってきまして。
足の件ではなく「ルパン次元五右衛門」的な男同士の友情、ロマン、やんちゃさを、メンバー間のやりとりやバンドのあり方で見せつけてくれるところもエレカシ魅力かも、という件。

そしてこれを機にエレカシ魅力とは?とさらにいろいろ考えてしまったのですが…
歌:MAX超え
歌うまさ:MAX
歌中の滑舌:MAX
日本語発音綺麗さ:MAX(格助詞「が」の昔ながらの鼻にかかる美発音、他子音の発音美しさ(特に宮本さんカ行タ行がするどく美しくしびれる…)
歌詞センス:MAX
楽曲:MAX
演奏:MAX
とかもちろん他にも色々書ききれないですが、全部書こうとすると書ききれないので今回はこの際「音楽外」の事でのバンド魅力ということで。

で、そこで思い付くのが「ルパン次元五右衛門的、女には真似できない男同志の友情」かなと思ったのです(あくまで管理人イメージですm(_ _)m)
※男同士というと(もちろんエレカシメンバー4人のこと)スラムダンクでもキャプテン翼でもよいが、なぜかこの件語るにはルパン三世の大人の雰囲気が必要なんです。。なぜだろう?煙草とかのイメージかな。「馴れ合いでない」いざという時の連携とか?ルパンの3人は別に仲良しこよしでいつもつるんでるわけではないですが、命がかかったシーンではカチっとスマートに互いをフォローする、そこがカッコいい。うーんやっぱりちょっと重なる気がしますね。

あとこれ、、、
「女子中高生の永遠の憧れ、学校の硬派な先輩※学校のというか隣の男子校のカッコ良い先輩みたいなイメージ」

もうなんのこっちゃなのですが説明m(_ _)m→普段話しかけにくいオーラでちょっと怖い、でも、部活とかにひたむきにうちこむ努力家、ちょっと女性が苦手そうでシャイな雰囲気、また学ランが似合うんだなこれが。…みたいな?(いやたぶん誰もわからんぞw)
なんだろう、うまく言葉にできませんが。要するに女性であれば一度や2度は憧れたことがあるのではなかろうか、、と思うようなカッちょよい先輩たちって事です。(これ男性にはどうニュアンス説明してよいのか管理人頭では難しすぎたのですが、まぁ女子からキャーキャー言われているちょい妬けるポジションにいるようなクラスメイトとって事ですかねぇ…実際エレカシ冨永さんなんてAstudioで明かされていましたがかなりモテモテだったみたいですしw)

大人になり30歳、40歳と年齢を重ねていくと、周囲も自分もくたびれた感じになり(勿論なってない人もいますが管理人基準にて失礼汗)ましてや硬派でカッコ良い先輩などいるもなにもなくなる。そんな世知辛い世の中で「圧倒的に、憧れのかっこよい先輩的存在でいてくれる」みたいな。。
これ、大阪城前に佇んでる短髪宮本さんと石森さん高緑さん冨永さん写真見た時にも思いましてね、、
いつもモノトーンでステージ衣装に固定イメージあるところも何か制服的な雰囲気を感じてみたり。。

大事なポイントは「硬派」って部分で、髪が茶いろい雰囲気ではないんですよね。サッカー部というよりは野球、もしくは寡黙にボクシング部とか…
エレカシのインタビュー他でバンドがキャリアに甘んじず練習の鬼であることは明かされていますが。その感じも黙々と自主トレに励む体育会系ノリと少し重なったりも…
…と書いといて正直管理人学生時代に「そんなカッコ良い先輩見たことないしいなかったが」まぁなんかどこかにいて欲しいみたいな(笑)

(とか書きつつ学ランな高校だった管理人は硬派な感じのかっこよい系の先輩っつーか同級生にかなり胸キュンしており、中庭で応援団練習してるのも目の保養じゃわいとチラチラ見て授業中上の空とか、正直かっこよい男の学ラン姿は大好きであったが、モノトーンでいつもキメている硬派でかっこよいそのもののエレカシにはそりゃハマるかも、と結構きれいにまとまってますw)

昨日のルパン話に絡めて思わずきちんと文章化したくなりまして。
今回の更新となりました( _´ω`)_
※かなりマイワールド展開で申し訳ないです。
※急ぎ目更新で乱文失礼m(_ _)m


スポンサーリンク





共通テーマ:音楽