So-net無料ブログ作成

時制無視したあれこれ(スペースシャワーTVライブガストのニヤリを見て) [魅力考察]

次更新はライブ後にしようと思っていたのですが(;´Д`)

…日常的にエレカシの音源やDVD、映像は隙間時間あれば常に楽しんでいますが、特に気に入っているスペースシャワーTVのライブ映像
(ちなみにこちら→SPACE SHOWER TV “LIVE with YOU” ~エレファントカシマシ~収録日: 2017/2/26(日) 収録場所:東京グローブ座
初回放送3/26(日)21:00~22:00)
の録画を少し見たらあまりのカッチョよさに気分動揺、、
これだけは書こうとブログ更新画面開いてしまいました、、

ガストロンジャーの歌い出して結構すぐの、「素晴らしい状況だとは絶対に思わねぇな俺は」の直後、宮本さんが向かって右側の顔を歪め口角をニッと上げるところがどちゃくそカッコよいイイイ_:(´ω`」 ∠):(カメラそこアップサンクス…)

見せますなぁ…というかもう、みやじカワユスとか言ってる場合じゃないっつーか、もうこれなんですよ、エレカシ、宮本浩次の魅力真骨頂みたいな?痛烈なシニシズムと暴力性を秘めた叫びと歌と。それに呼応し炸裂する冨永のドラムと高緑のベース、石森のギターが唸るみたいなね、、、
で、その渦中のあの表情、、、、
(と書いたもののアコギを持ちたおやかに月夜の散歩を歌うのも、さあ頑張ろうぜと聴衆をTVの向こうにいる人々を鼓舞するのも全部真骨頂なのですからどんだけ振り幅が広いのかという話に)

(よくよく考えたら宮本さんドラマでもあれだけの演技できるのですから、視覚的な事を意識したステージパフォーマンスや表情付けも当然可能そうです。でも実際ステージ上においては狙って云々というよりも、感情の発露としての色々な表情が大半で、その自然な感じがかっこよいですよね。ただ先に書いたガストロンジャーは意図的にオーバーにニタリとしたように見えるしそこがまたよい!!)

…ライブ行く前にカッコよさに打ちのめされて再起不能状態ですが行きます、ライブ。(ブログで身バレは控えたく事前にどこどこに行くは書かないようにしておりますm(_ _)m思わせぶり、ファンの方に知られたくないのではなく家族親族他もろもろの絡みというかまぁ人気ありますから身近にファンがいることもあるwというかいるw)

それと先日記事の、すごくどうかと思うのですがこれ…→ルパン足云々の内容。さらっと書いたのですが、自画自賛ではないがこれ結構深いんじゃ…?と更新後にふと気になってきまして。
足の件ではなく「ルパン次元五右衛門」的な男同士の友情、ロマン、やんちゃさを、メンバー間のやりとりやバンドのあり方で見せつけてくれるところもエレカシ魅力かも、という。

※男同士というと(もちろんエレカシメンバー4人のこと)スラムダンクでもキャプテン翼でもよいが、なぜかこの件語るにはルパン三世の大人の雰囲気が必要なんです。なぜだろう?煙草とかのイメージかな。「馴れ合いでない」いざという時の連携とか?ルパンの3人は別に仲良しこよしでいつもつるんでるわけではないですが、命がかかったシーンではカチっとスマートに互いをフォローする、そこがカッコいい。うーんやっぱりちょっと重なる気がしますね。

昨日の話に絡めて思わずきちんと文章化したくなりまして。
今回の内容となりました( _´ω`)_ 汗

スポンサーリンク





共通テーマ:音楽