So-net無料ブログ作成

今のエレカシがあるから書いてみる「good morning」「宮本さん演奏ベース」について [エレファントカシマシ]

《前置きとして》→アルバムgood morningがほとんどの楽曲提供がバンドの演奏でなく宮本さん自身による演奏と打ち込みということから、「当時から」ファンであった方は聴き方に苦悶されたのでは?と推測します、、(当然だと思う)
また先日の記事に続きこんなにお気楽に書き殴れるのはリリース当時からエレカシを好きではなかったからだということは自覚しています汗

…なぜあえてこういう内容を書こうと思ったのか、なのですが、「当時からファンではなかったからこそ書ける事もあるのでは」という思いがありまして。
というのも、ファンになったばかりの頃、様々ネット徘徊し読めるだけエレカシ関連の情報を読み、管理人もこのアルバムについての長くからのファンの方の思いや感想は推測しています。
管理人自身、新春2017公演であれだけのバンドサウンドを見せつけてくれたエレカシの様子に歓喜しましたし、雑誌ラッシュ時に様々インタで長年の間に構築されたエレカシ4人の男同志の信頼関係を心底カッコ良いと思っているのですから、グッドモーニングはソロだしな、という思いもなくはなかったです。
で、実際精神暗黒街契機に「1度先入観なしに聞いてみよう」となって聞いた→そうしたら先記事でも書いたぶっ飛ばされるような曲が多々あり、また宮本さん演奏のベースライン、ノリの新鮮な魅力も垣間見てしまった。

今のエレカシがガッツリバンドサウンドを肯定しメンバー間の信頼の熱さを見せつけてくれている、それなら、ある意味タブーかもしれないこのアルバムの魅力を記事にしてもよいのではないかな?と思ったのです。

宮本さんの「気概と熱意と根性、才能、行動力」でもって作りあげられた、管理人もファンである初期はオルタナして世界的に人気のweezer(ライブ行くファンでした、というか今も行きたいのだが優先順位が、、)に全く劣らない(ガストロンジャーに至ってはそういう次元を超えているが)作品をスルーしてしまう事はあまりにも惜しい気がしまして。

極論を書けば、楽曲についての音楽的な感想を述べる際に、その楽曲が作らた背景は関係ないとも言えます。
以前記事で書いた、エアロスミスのSTEVENTYLERのソロアルバムの件と少し重なる。
管理人は先月のTYLER来日ソロライブには不思議とそんなに見てみたいという気持ちがわかなかった、その事により、やはり私はエアロスミスというバンドが好きなんだ、と実感した。
しかしTYLERのソロアルバムについての評価感想となると全く話は変わってきます。
なぜならソロアルバムの出来は、当ブログを見に来て下さるエレカシファンの皆さんにも胸をはって「よい」「ぜひ聞いてみてください!」と言えるぐらいよいからです(残念ながら近年のエアロスミスのアルバムにはそのような作品はあまり存在しない)

その際スティーブンとエアロスミスのメンバー間の現在の人間関係についてくどくど語ったところで、エレカシファンの皆様はそんなこと知ったこっちゃないと思うんですね。「まぁいいよ、とにかく曲を聴かせてくれよ」だと思いますし。
また音楽に限らず「何かの表現物」について何を感じるか、は本来先入観なくそうやってなされるべきだと思う(あくまで管理人考えですが)&ソース紛失がくやまれますが、これは宮本さん自身がかなり昔(おそらくエピック時代)に「曲を聴く時に誰かが書いた解説を読む必要があるのか、ただそれを聞いてどう感じるかでよいのではないか」と何らかの雑誌インタに語っていて、それを見たことがあり※細かい言葉は違うと思います(探しまくれば見つかるかもしれませんが不本意ながらネットサーフィンで見たままになってしまいました)


…話戻し、もっと切り込んでしまえば、当時既にファンだったエピックからエレカシを応援してきた方が考えた事、もし私がリアルタイムでグッドモーニングを聞いていたら思ったであろう事は、「そこまでするならソロ名義にしてもよかったのでは?」なのではないでしょうか…
勿論いろんなバンドの在り方があって、そんなエレカシもよいかもしれないと思ったファンの方もいれば新規でガストロンジャーからファンになった人も多いと思いますが。

で、これは最初の方に書いたこととも重なりますが、結果オーライじゃないけれども、もし、ある意味ファンにもメンバーにも筋を通すという意味で、当時宮本さんが、ソロ名義でグッドモーニングを作ってしまっていたら、おそらく今のエレカシは存在しない、ということです。

ブランキーのように解散してソロライブで「今宵の月のように」を聞いていたか、沢山例はありますが一度解散して再結成して聞くことになるか。
ソロとバンド両方で活動も可能ですが、エレカシのアルバム制作の頻度はおそらく半減していたでしょう。数々のグッドモーニング以降のエレカシの名曲は生まれていないことになる。

どちらがよかったのか。
バンドという形を維持しソロ的に音源をつくるというのは宮本さんの苦渋の決断だったのかもしれないが、それを筋が通っていないと判断するか、「エレカシというバンドはそんなに簡単に投げ出せるものではなかった」という宮本さんの熱い思いや、メンバーへの想いと受け取るのか。

亡くなったポニキャ移籍後プロディーサーを務められた佐久間さんの事を思い出したのか?他故人になった音楽関係者の事を思ったのか?とも見ることができるステージ上でまれに見られる宮本さんの涙から、それは後者なのではないのか、と思わされもします(勿論涙の理由はわからないです)

グッドモーニング発売当時、育児中だったメンバーがいたことも関係するのではないか。ガストロンジャー他数曲は高緑さん冨永さんも演奏しているわけですし、ソロ的であり完全にソロというわけではない。葛藤した末のぎりぎりの決断だったのではないのか?

そしてその判断は結果的に今の最高の状態のエレカシに繋がっていて、やはり宮本さんは判断力センスがあったのだ、と言わざるを得ない。
「無骨でガムシャラなのだが、勢いだけで生きている人ではなく冷静にその時その時にベストな選択をしてきた、宮本浩次はプロデュース力もあるクレバーな男なのだ」ということなのではないでしょうか?

でもって私はどんなに批判されかねないやり方であっても、みやじが「自分が望む音楽の高みへの思いと葛藤しつつ、エレカシを不器用にも存続させた」ところをかっこよいと思っているんです。
そして、どんな状態でもいち抜けたしなかった、高緑さん、石森さん、冨永さんも、宮本さんと同じようにかっこよい。
宮本さんが続けてほしいと思っていても片側からの→だけでバンドは成立しない。小銭をためてショップや飲食など始めるミュージシャンも沢山いるのだから…。

うーん、もう柔らかい言葉で書くのが無理なので書いちゃいますけど、私、一度「はいバンド解散、ベスト発売や解散ツアーをしここぞとばかりにファンらからお金を絞り上げ、数年間ソロってみたもののぱっとせず、ややメタボってフェスの片隅に降臨、ワンノクやアレクサンドさんなどの陰で「戻ってきたよー(*´▽`*)」「やっぱりバンドが一番!」とかもうね、どのツラ下げてやねん_(┐「ε:)_ずこーと思ったりもします、、、←あー書いちゃったね、、、
もちろん体調不良やいろんな事情があり一度休止、解散などもあり一概に言えるはずがないのですが…!そういう意味でガンズのアクセルもカッコ良いと思いますよ。どんなにメタボっても「それ」は捨てなかった。そしてオリジナルメンバーが戻り今の活動に繋がった。

たらたらと書きましたが、今回今更ながらファン間では賛否があったグッドモーニングについて書こうと思ったのはそういう経緯というわけなのでした(__)(なんかヤバくないか今回)

ではでは以下になります!
~~~~

ツアーに行けないヤケというわけではないのですが(笑)先日書いた精神暗黒街の流れからリリース時制無視しまくり「good morning」に注目して聴いています。

「グッドモーニング」、これまで正直あまり聴き込んでおらず、携帯プレイヤーに入っていたガストロンジャー、武蔵野、コールアンドレスポンスを聴いて満足みたいになってました(´д⊂)
ある意味新譜みたいな感覚でちゃんと聴いてみたのですが、改めて「この人(宮本氏)なんやねん(賛美の意味で)」と思ってしまいました。

本格的な打ち込みでの制作は初であるはずなのに、実際出来上がってるものは単なる洋楽影響下ではなく、強烈な歌い手の個性と、歌テクと声と、日本語の個性ありまくる粋な歌詞、で自分ならでは日本ならではの、単なる洋楽追従ではない「オリジナル」なオルタナ打ち込み楽曲にしあげてしまっている。この才能はなんだ?と驚愕せざるを得ないです。。

勿論細かな点をあげれば音楽マニアの方は指摘したくなる部分もあるかもしれませんが、それをブチ払うぐらいの魅力があると感じます。
管理人は「good morning」「I am happy」先に書いた精神暗黒街もそうですがかなりブチのめされ:(´oωo`):

ガストロンジャー、コールアンドレスポンスは言わずもがなだが正直I am happyや精神暗黒街のが好きかも…
goodmorningの歌詞も「クリスティーヌ」とか後半に入ってくる高音のループ音もイッちゃっててよいです。
オルタナ嫌いではない、というか元々weezerファンで中でもカオスな2ndピンカートン大好きだったのですが、宮本声でゴリゴリgoodmorning(曲)は意外性ありすぎ&自分好き系統で萌えますw
※萌えとかですみませんが今回たぶん連発しそうなのでこの辺のワードとエレカシ関連させるのがちょっと…という訪問者様はこの記事はスルーしていただいた方がよいかもです(__)[あせあせ(飛び散る汗)]

そして、少し書くのを躊躇しますが、私がこのアルバムを語る上で外せないのが大半の曲での宮本さん自身によるベース演奏です。
もしかしたらここまで拘ってしまうのは下手アマチュアバンドと言えど8年ぐらいベースを弾いていたという管理人の個人背景も関係しているかもしれません。

バンドはコピー多かったけど楽譜ないものは耳コピしてたのでベースだけに注意向ける癖がつき、バンド活動遠のいた今はそういう聞き方はしませんが、気にしようと思えばそこだけ聞いてしまったりも。精神暗黒街でベースラインのかっこよさが気になったのをきっかけに、すっかりそのモード入りアルバム全体ベースに注目してしまったのですが、、

前記事で、このアルバムのベース音が、弾いたものをそのままの音なのか、ベース音を音個々に録音して後で組み立てたのか、管理人耳では判断出来ないと書いたのですが。
注意して聞くとこれやっぱり弾いてそのまま録音してるよね…??(編集はあるだろうが)と思ったのですが真実はいかに。
時間許す範囲で検索してみましたが、当時インタなどで「ギターとベースを弾いている」という表現あれど、どのように音源化したのかは見つけられず。雰囲気的には指弾きみたいな肉感さがあり、それがまた背後の機械的な打ち込みドラムの中で映えていると思いましたが…?

100%ではないけれど、以下記事の内容は、アルバムグッドモーニングの宮本Bと書かれたものは宮本さんが弾いたものを編集ありつつそのまま音源にしてる前提での話になります!
音バラして打ち込み編集の可能性も0%ではないですがその場合ベースライン考えたのが宮本さん、という話になります~

…もう率直に書いちゃうと、宮本さんのベース、よいんですよこれが、、(注記したいのが高緑さんとどちらが上とかでなく、そもそもライブでどっしりとバンドサウンドの底の部分を固める高緑さんとは性質がちがうベース弾きだと思うので比べようもないと思います!)
失礼ながらこれまで歌に圧倒されていたのもあり、演奏家としての宮本さんについてあれこれ考えるということがなかった為、奥の深さが底知れません(゚ω゚;A)

宮本さんベース、音繊細なテクニック的なものはおそらく高緑さんのような「担当:BASS」の人のようにはいかないかもしれないが、底辺音を力強く固める、かと思うと遠慮なくメロと演奏間に登り前に出てくるふてぶてしさ、だがくどくはなくあくまで主役はメロ、のメリハリが、私的にはサウンド中のベースのあり方としてどちゃくそかっこいい
それとノリ含め全体艶っぽいのですよね何か、、
蔦のようにメロにベースラインが絡みつく感じがあります。
ちょい後ノリ的に絶妙にメロに絡んでくところ、どこかしらに漂う乱暴さみたいなもの含め、もう書いてしまえば「なんかエロいよこのベースライン(;´Д`q)」みたいな。
自分がメロであのベースラインに絡まれたら死ぬる、みたいな感じですね、、、、、(←なんじゃそれでちょいマニアックな音楽オタノリ全開ですみません!)
…先日普段自宅で音出してあまり音楽聞かないのですが、宮本さんBASSがどんなものかをしっかり確認したくかけてみました。
すると「やはりかなり惹かれる」んです、宮本BASS…

いろんなバンド好きですが過去個人的に「一番好き」というノリを出していたベーシストが「湯川トーベン」さんという昔管理人好きだったアーティストのサポの方なのですが…
検索したら動画ありました→湯川トーベン(ライブ)フォークロック
(動画はギターですが)

ちなみに昔好きだったアーティスト(・∀・)(今も好きですねスパイラルは。全く色あせてないのでご存知ない方がいらしたら是非!ベストも出てます)→spirallife
スパイラルのリズムが心地よいのはリズム隊の力が大きかったと思います。

と、だいぶそれましたが!何か宮本さんの繰り出すベースのリズム感って、誰にも理解されないかもしれませんが湯川さんと通じるものを感じ。粘りと勝手に体が踊りだしたいウキウキ感とでも言いましょうか。いろいろ他バンド演奏聞いてもそのように感じる事ってあまりないのでかなり気になりました。
※宮本ベース音に注目して聞くなら「精神暗黒街」「 Iam happy」「生存者は今日も笑う」が特にグッときます。

もちろんベーシストとしての細かなテクニック的なものはスタジオミュージシャンの湯川さん、メインBASS高緑さんと対比できるものではないかもしれませんが…(湯川さん知識薄で知らなかったのですが歌すごい上手いのにビビったのですが、なるほど、歌はリズム感そのままとも言え、相互作用で歌うまい人は奏者としても長けている事が多々あるのかも知れません)

長くなりました~(_ _)
とにかくいきなりの打ち込みでメジャーレーベルで通用するものに仕上げる、その上個性も打ち出し、楽器演奏もするという「宮本さんの自分の表現したいものを表現するためのひたむきさと、行動力」には驚かされるばかりです。

結果的にはここまで打ち込み多用、演奏も宮本さんというアルバムはgoodmorningだけになっている。今のバンドサウンド全面押し、ライブバンドとしてのエレファントカシマシが大好きな私としては、それでよかったな、と思います。

率直な感想を書けば「武蔵野」は既存の音源ももちろんよいのですが、冨永さんドラム版のノリで聞いてみたいというのはありますし(ライブで堪能できるのですが)
1方、曲「goodmorning」などは打ち込みこその重さで、それならではのかっこよさは否定出来ずとは思いました。

…1度徹底的に打ち込み、自分演奏を追求した宮本さんが、PVがめたくそカッコよい「悪魔メフィスト」他の楽曲にその経験を生かしつつ、今、30周年にバンドサウンドをはっきり肯定するに至っている。
結果オーライで、才能がありまくるなら存分にそれを見せつけて欲しいし、今となっては1枚ぐらい打ち込みオルタナ系アルバムがあるのも単純にいろいろなエレカシを楽しめて嬉しい~と思います(・∀・)

☆goodmorningだけ聞いてるわけではなくthefightingman、付属のDVDも楽しんでます!!


スポンサーリンク





共通テーマ:音楽