So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

方針変更し、文字起こしをブログに掲載しました。 [エレファントカシマシ]

書きたい事がたくさんあるのですが汗
取り急ぎ用件のみ更新します~

以前、オンデマンド放送インタビューの文字起こしについて、非公式ということから別サイトTumblrに内容をアップしました。
詳細はリンク先記事にも書いたのですが、諸々考えこの度イレギュラー的にブログにも掲載することにしました。

このインタビュー、失礼ながらインタビュアーの方が木訥な感じの話し方をされる男性で(率直に書けば口下手っぽい)、よって宮本さんが必然的に会話を仕切り気味になったり、話のまとめ役にならざるをえないというカオスな印象を私は受けたのですが(笑)またそれによって、音楽やエレカシについて突っ込んだ内容を宮本さんが語る、という非常にレアで奥深い内容になっていると思いました。

掲載ブログ記事は→こちらになります
※当ブログ無料ブログ使用につきスマホ表示の場合デフォルトでの広告がかなり多いです。お手数ですがブラウザをPC表示に切り替えていいただくと見やすくなります。

☆急ぎ気味で当記事を更新したのは、このインタビューでは残りわずかとなったツアーへ対する宮本さん、エレカシメンバーの意気込み、昔の曲はなるべく音源に忠実に心がけているとか、長いツアーをするに当たっての宮本さんの体調管理に対する意気込みなどが語られてるからです。せっかくならツアー終了前にアップした方がよいだろうと思いました。←アカウントなしではTumblr見られないのもっと早く気づけ!m(;∇;)m阿保すぎてスミマセン

…ちょっと隙間時間に急ぎ気味で更新みたいな事が増えており次回更新は完全に未定となっております。家族が教育費がかさむ年齢になってきたこともあり働き方が変わりそうなのもありまして。。いろいろ発売ラッシュが続くのはファンとしてはありがたい限りで、その辺網羅する為にも!生活スタイルを見直す感じになりそうです。

『今を歌え』、大阪城ホールDVD/ブルーレイについては、初回限定の野音音源含め、ちょっと素晴らしすぎてまだまとめきれずにいます。2017新春音源も素晴らしいと感じましたが、さらによくなってない…?と考えると、どれだけバンドがよい状態なのかを物語るような気が。
ではでは今回はここまでで失礼します!!

共通テーマ:音楽

anan(11/8)が素敵すぎ緊急的に更新! [エレファントカシマシ]

ちょっと本当に時間ないのですが(あと15分で家出ます(笑))

この情報をご存じの方は多いかと思われますが、、
『大人の男anan No.2077』

IMG_20171108_124638.png

先程コンビニに行き雑誌ラッシュゆえ立ち読みで、、などと不謹慎なことを考えていたらぬわんじゃこりゃぁああああ((( ;゚Д゚)))のソリッド短髪宮本浩次1ページ丸ごと写真×2の見開きページ。横アングル&斜め後ろからの全身ショットです!!(最初に書くとananだから脱いでるとかのsexyショットではないです!!※まぁ宮本さんは脱いでなくてもセクシーであるが)、スタイルの良さあますところなく写しました的写真のクオリティ高すぎるぜ、、、他文字入り含むと全部で5ページ写真で横顔アップもよいし全部かっちょよいが正面見たアップは動揺して文字読むのに苦心するレベルの目ヂカラ、、((( ;゚Д゚)))

写真は硬派な撮り方で非甘というか(そんな言葉あるのか!)男性エレカシファンの方にもぜひ見ていただきたい感じです。
通販やもう緊急的に「奥さんに頼まれた」とか「娘に」とか言いながら買うしかないかもしれない。それほどおすすめです!!

ではでは、もう出かけます。。※変な更新でスミマセン

【追記】…なんだなんだ?



共通テーマ:音楽

ミュージックフェアが強烈なインパクトを [エレファントカシマシ]

まず、ついに本日発売ですね~!!→エレファントカシマシ公式サイト11月8日(水)に発売となる50th Single「RESTART/今を歌え」の『今を歌え』MV公開!!
両曲A扱いというもう一曲の「今を歌え」のMVも公開されていますね\(^-^)/
まだ聞き込めておりませんが歌い上げ系楽曲にこれはぐっと来る感じです。

私は地方在ゆえCDショップが少なく今回はAmazon購入です。
ブルーレイも注文しましたが本日届くかな…?非常に楽しみです!!


いや~ちょっと生活も立て込んでおりまして、雑誌やネット関係情報もろもろついていけてないのですが、先週のミュージックフェアは見ました!

まず髪の短い宮本さんカッコええ(( ;゚Д゚))&ちょっと光沢のある黒いジャケットっぽいシャツというビジュアル面とリズム重めの音作り&楽曲にええこれエレカシだよね、、みたいな『よい意味で』のインパクトが半端なく釘付けに。

…それとこれはファンの方は皆さん突っ込みたくなると思われますが、かなり声掠れてるぜ!については心配しました~汗(掠れていると言ってもそれでもきちんと歌いきっているところにもビビるわけだが)※リリースの大事な時期にあえて書くか迷いましたが、この時期まだファンになっていない方がミュージックフェアを見てブログにたどりつく事もあると思ったので『あれは普段の宮本さんの歌声とはちょっと(かなり)違います、その上でおそらく無理を押しての収録だったはず』という事は書いてもよいのかなと思った次第…

詳細情報は追えていませんが、現在ツアーで素晴らしい歌声で快進されているようなので、おそらくはシングルリリースに向けたMV撮影他スケジュール的にはかなりタイトな中のコンディションだったのでしょうか。

それにしても、『プロの歌い手であれば歌う前から声がああなることはわかっていたはず』なのに、あの表情と気持ちが折れないパフォーマンスって普通できるものなのか…?と録画を見返してみて驚愕せざるを得ないというか、普通万全じゃないコンディションだよ、というのは顔に出てしまったりするのではないかと思いますが…

これはサマソニの時も思いましたが、コンディションが悪い時こそそのアーティストの底力が垣間見られてしまったりするものですが、そういう意味で宮本さんの「折れない」メンタリティーみたいなものは半端ないなという感想を持ちました、、、
*しかしながら体第一なのは勿論で、どんな時でも無理はせずにお願いしたいです!!

…いろいろ書きましたが、もう普段の調子は戻られ週末のツアーをされているようなのでこの記事自体かなり蛇足かもしれません~(^o^;)

引き続き雑誌他もろもろ情報盛り沢山で、当ブログ情報関係はほぼガン無視状態ですので、くれぐれも公式サイトにてご確認をお願いします!!
※毎度書きなぐりブログで申し訳ありませんm(_ _)m



スポンサーリンク






共通テーマ:音楽

ん?(;´゚д゚`) *ヤバかっこいい「RESTART」MV感想追記 [エレファントカシマシ]

今から出かけるんだけどこれだけは、、
なんですかー!??新MVぃぃぃぃぃぃいアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワワワワ
ついに公開!!エレファントカシマシ「RESTART」MVはこちら

色んな意味でビックリなんだが、、、、、
(マイクのひらひらとか歌い方とか、いやぁ何も余計なことは言うまいですけど、当ブログ以前から読んで下さっている訪問者様には管理人動揺はお察しいたでけるかと(´-`)真面目な話、なんのアーティスト云々ではなくロックスターという観点から複合的にイメージ膨らました感じなのかなと推測)

時間ないのでとにかくこれ本当カッコいい、マジ歓喜だし斜め上を行きすぎるエレカシすげぇとしか、、、、
(鏡を見る宮本さんの表情ヤバくてよいw)

本当好きすぎるわ、、、、、

※脳落ち着けるのに半日はかかる
※今日の予定こなせるのか、、??(笑)

【 感想追記】ネタばれあり



共通テーマ:音楽

めざましテレビ10/27(金)で「RESTART」新MV公開の模様!(エレカシ) [エレファントカシマシ]

当ブログ情報系ほぼ非掲載ですが、先ほど記事UPしたので見に来てくださる方がいらっしゃると思われますので!

27日(金曜)にめざましテレビにてインタビュー&「RESTART」新MV公開の模様(下線部クリックでエレカシ公式サイトへ)
※これ地方放送でどうなるか未確認です!!ちと確認する余裕なしスミマセン~

取り急ぎ内容のみにて失礼です。楽しみですね!!


追記:ヤバかっこイイ「RESTART」MVはYouTubeでも公開!!

スポンサーリンク






共通テーマ:音楽

遅すぎるwowow加入でapbankfes見ました!&ヘドウィグを見て思うバンドあれこれ [エレファントカシマシ]

書きたいこと多々ありつつ更新に時間を取れておらずm(__)m

そんな中でも可能な範囲でエレカシ関係情報は追っておりますが、遅すぎると自分で突っ込みつつ複数フェス映像見たさにやっとwowow加入しました!本当はもっと早く入りたかったのですが諸々家庭のイベントと重なりこの時期になってしまいました(´ `;)

ロッキンオンJAPANフェス、とてもよかったです!曲数はもっと見たいと悶絶ですが、こればかりは出演バンドが多いのでやむないですね(^ω^;)
さらにうわぁこれスゴい、と思ったのが雨の中のapbankfes、、
※雨の中ライブ見た方、滑るステージや楽器弾きにくいなどの良とは言えないコンディション中でパフォーマンスされたエレカシメンバー他サポートメンバーの方本当すみませんこんな事書いての上m(_ _)m

…雨の中ロックは盛り上がるのはやはり鉄板なのか??
どしゃ降り雨に打たれながら聴衆を鼓舞するように歌う宮本さんのカッコよさは超絶レベル、、、

雨の中ロックは盛り上がる→誰が決めたそんなこと、ではありますが私がエアロスミスにフォールしたライブが屋外雨だった為にその印象が強いのかもしれないです(小雨ながら)。
雨ガッパで見たのですがとにかく寒かった。しかしその過酷状況ゆえに忘れがたい特別感のあるライブになるような気がします(初めて見たエアロスミスのインパクトに寒さを全く感じなくなったのをよく覚えています!!)
余談的に→「伝説となった雨ライブNEVERまとめ」
…いろいろ逸話があるようで^^;雨に負けないバンドの強さみたいな、その不屈な感じがロックという分野と相性よいのですかねー…??
先に書いたエアロスミスのライブ(2002FIFAライブ)はスティーブンが雨を手の平で受けてそれを思いきり舐めあげる(半分フリだと思いますが)という、これぞエアロ!!というサービスパフォをしていました。
*超余談→雨ではなく泥ですがこの話が好きだったり→「泥の投げ合いグリーンデイの伝説ライブ」

…だいぶ逸れましたが、放送された雨の中のエレカシapbankフェス、これはwowowに入った価値がありました!!という、もう舐めあげるどころか「俺に降り注げ!!」とばかりにステージ上にいきなり寝転がる宮本さんのカッコよさときたら、、(起き上がる身のこなしの機敏さがスポーツ選手的なカッコよさを感じます、、中年自分含め昨今若者にせよ体が鈍り気味の人が多いと思われ、大の字に寝転んで起き上がるって「よっこらせ」みたいになる場合が大半なのでと思います、、)

またよりによってファイティングマンでなぜか雨がどしゃ降りになるという。雨に打たれる宮本さん本当にスミマセンなのだが、そのあまりの絵になる様にもはや雨雲も演出に回ってるんじゃ?みたいに思えてきてしまいました(本当に過酷状況でフェスでご覧になった方には書きたい放題申し訳ないです汗)

…他気になる事が多々ありつつ、先日書きましたミュージカル「HEDWIG」の感想についてもエレカシの事と少し絡めて触れさせて下さい。こちらは追記欄に入れました↓(スマホ表示だと追記もなにもないのですがm(__)m※ページトップにも記載していますが当ブログSo-netの使用料無料ブログを使っている関係で、デフォルト設定でチカチカする広告が出てしまいます。見にくくて申し訳ないのですが、ブラウザ設定をPC表示にしますと多少広告が少なくなります)


続きを読む



共通テーマ:音楽

歌ってさらに気づくコーラスの凄さ、ミュージカルヘドウィグ(HEDWIG) [エレファントカシマシ]

久々の更新となりましたm(_ _)m
話題が盛り沢山ですね…!!

11月発売のシングル、「RESTART/今を歌え」楽しみです。
俺たちの明日上下巻も買いました!
もうこの感想だけでも数記事書けそうですがちょっと際限なくなりますので更新しようと思ったことだけにしますm(__)m

…以前も少し触れました「ベイベー明日は俺の夢」について…
*「RESTART」が発売するとたぶんそちらについて更新したくなりそうなので今を逃すまいと思った次第です。

当ブログの訪問者様は既にエレカシにハマっているという方が多いと思うのですが、これを読んでいる皆様はシングル「風と共に」のカップリング曲「ベイベー明日は俺の夢」のインストバージョンに合わせ、「自分で」歌われた事はあるでしょうか?

…無理にとは言いませんが、もしCDをお持ちでまだ未経験であるなら是非試してみていただきたいです!
(言われんでも歌ってますがなという方がほとんどだと思うので、そういう皆様にはウザおせっかい的にスミマセン)

というのも、普段はほぼウォークマン&イヤホン(宮本氏艶声、エレカシの音楽を堪能する為に現時点で買える範疇最上級を装備致しました。音が最高によい!)で音楽を聞くのであまり聞きながら歌ったりはしていないのですが、数日前に、久々自宅スピーカーでベイベーをかけてみたので調子に乗って歌ってみました。

以前もベイベーのインスト版で宮本さんのコーラスを堪能でき一緒に歌えるのはファン冥利に尽きる!という事は書きましたが。
今回さらに細かな点でも発見があったり感動を覚えたりしました。

…というか、単純に歌わないでインストだけを聴いて四方八方から宮本さんの美コーラスが飛び交うという、うわぁ声美しすぎ、を堪能し感動したというのがまず最初で、何を書くにせよその上でという話なのですが。→あらためて自分で歌ってみた結果、「同曲の宮本さんのバッキングコーラスは、主旋律を引き立てるような、最適な声音と歌い方をされている」事がよくわかりました…!!(もちろん歌わず耳にした段階で主旋律を映えさせる為に裏声にしているなと認識はしていたものの、インスト版で自分で主旋律を歌う事によりさらにそれが実感できた!という意味です)

以前から宮本さんの歌テクに惚れ込んでいて、宮本さんがそういった繊細な技量をお持ちなのは当然だと思いつつも、改めてなんつー歌テクニシャンぶりなのか、と打ちのめされてしまった次第(なにかずーっとあらためて打ちのめされた、と書いている気がするのですが!笑)

自分の歌はけしてうまくないし人様に聞かせられるようなレベルではない、しかし、ベイベーのインストを背景に歌い、宮本さんの高音裏声的なコーラスが入ってきた瞬間に、なんだ!??これは、上手くない自分の歌ですら「コーラスが神ってすぎている為にめちゃくちゃ高い領域まで引っ張ってもらえる、もしかして結構うまく歌えてるかもしれない」と自分で感動してしまう。

…この現象はなんなんだ!???と驚愕しつつ自分なりに分析してみたのですが、それが先に書いたコーラスとしての最適な声音と歌い方、というやつ……

「ベイベー明日は俺の夢」以外にもエレカシ楽曲に宮本さんのコーラスは多々入っていますが、特にベイベーのコーラスに関しては「歌い方のアクを抜いている」と思うんですね。
アク、というとよくない意味っぽくなってしまいかねないので注釈したいのですが、プロの歌い手であればそのアク=歌い手としての個性、がなかったらほとんど歌手としての職業が成立しないのでは、という歌い手としてめちゃめちゃ大事な部分だと思います(単に歌がうまいという人は素人の中にもごまんと存在するわけで)
*自分表現が稚拙でうまく伝わらないかもしれませんが、アク→えぐみ→個性、みたいなイメージで、それがとことん強い歌い手としてサザンの桑田佳祐さんが思い浮かびます。

ベイベーのコーラスは、歌い手の個性(歌い方強弱であったりハスキーさであったり力強く歌ったりのニュアンス付け)をあえて抜き、透明感のある裏声系で歌っている、それによって主旋律の個性が生きる、なので歌っていてどちゃくそ気持ちよいですし、自分の歌が低レベルなりに「綺麗に聞こえる」、自分の歌が多少下手でもカバーしてもらえつつ引き立ててもらえる、、、、!!という事に歌って気づいたのです。

…といろいろ書きましたがこれは実際に試してみるしかない!という感じがします(笑)

※ただこの楽曲、性別女の私であっても高音部を歌うのキツいのでうまくきちんと歌いきるのは特に男性だと至難だと思いますが、コーラスとのハーモニーを楽しむなら歌いきれずに鼻唄みたいに裏声でメロディをなぞるだけでも充分に上に書いたような事を感じることができると思います(というかこれは私自身がきちんと歌えないのでそうなってしまいましたw)

…自分の歌が云々は置いておいて、私がうわぁ歌テクすげぇ(つД`)と思うのが、コーラスで個性をあえて抑えたであろうベイベーで、「主旋律は他エレカシ楽曲よりは個性をキツめに歌っている」というところなんですね、、、
なんというかたぶんここまで語調を強く、子音をややオーバーに荒々しく歌う楽曲ってあまりないと思うのです。

つまり、真逆な歌い方をぶつけていることにより双方が引き立つ、そこを計算している(と思われる)事にも痺れるのですが、これやろうとしても歌い方が1パターンしかない歌い手であった場合それは不可能なわけでして、、、
いやあたまらんぜとファン的には唸ってしまいました。
(細かく書くと同曲中「さようなら…」の辺りは主旋律もコーラスのような優しい歌い方にして柔らかいニュアンス歌を重ねて厚みを出すという、同曲他部分とは違う風なのですが、他部分との差が際立っていて素敵です…っつーかこういう細かな歌唱テクの駆使はエレカシ楽曲全般で多々聞くことができて、正直それがデフォルトになってしまうと他に行けない、つまり普通に一辺倒に歌われているものでは物足りなくなってしまうという問題が生じるが、私はその辺もう諦めていて正直ウォークマンとスマホ新調した際に聞かない音源は削除いたしました(__)ぶっちゃけほぼエレカシしか聴いてませんw邦楽…)

で、さらに長くなったこの際で、さらに宮本さんのコーラスについて書いてみます。

宮本さん、エレカシの楽曲において、コーラスと主旋律の関係は「このパターンだけではない」という事も付け加えたいです(このパターン→コーラスは個性薄めで主旋律を立てる)
どういうことかというと、それはアルバム「good morning」の「I am happy」においては、「主旋律よりもコーラスのアクを強くして(個性を強くして)主旋律を引き立てる」という、ベイベーとはある意味真逆のパターンを聞くことができます。(しかも細かい事を書けば最初は裏声であっさり歌ってフレーズ内で歌い方を変えていき関係性を反転させるというめちゃくちゃ細かい事をしている!!)

いわゆるBメロ、の「後はいつもの人生~」あたりから、背後に「ワウワウ…」という裏声コーラスが入ってきますが、最初はベイベー明日のように裏声系でアクなし歌い方→だんだん歌う語調を強くしていきちょっと乱暴でなげやりにしていく=途中から主旋律よりコーラスのがアクが強くなりそのコントラスト変化がカッコいい、という、、これ最初に気づいた時に「うわぁカッコいい」「歌テクきやがりましたわw」とカッコよすぎて頭抱えたくなりました( ノД`)

さらに「今日も総」~「エラそうにしてるけどよ」までは、思いきりコーラスのがアク強めで歌っているんですね。完全にベイベー明日とは逆の形ですが、また特筆すべきなのは、ここでは「リズムもわざとちょい主旋律とはズラしている」のですが、それによってちょっとなげやりな雰囲気が出て、曲の歌詞にもマッチした楽曲のニュアンス付けにも一役かっている…。
もうどうするよ、このテクニシャンぶりってなものでして、、、、

と収拾つかなくなっておりますが(笑)
あらためて「ベイベー明日は俺の夢」インスト版で宮本さんの繊細歌テクを実感致した次第です。



●以下余談的にエレカシ以外の話題「ヘドウィグについて」

…ところで今回超余談的にめずらしくエレカシ以外のアーティストの事も触れさせてください。
もし興味があったら読み流していただく程度で、追記的に書こうと思います。

先月の野音は育児の都合的にどうしても日程噛み合わず断念したので(というか申し込んでも抽選当たるわからないけれど)複雑な気持ちではありますが、実はかなり蛇足だと思いつつ記してあるプロフィール欄にも書いてあるのですが、管理人、エレファントカシマシ、エアロスミスとおそらく同じぐらいヘビロテしたCDが、元々はミュージカルの音楽で映画にもなった「HEDWIG and the ANGRYINCH」でして、これまで日本人の役者さん主演のミュージカルは2度見たのですが(三上博史さんと山本耕史さん)、本家アメリカブロードウェイ主演のジョンキャメロンミッチェルが今月なんと来日公演をする!!という事でこれはなんとしてでも、と見に行くことにしました。

アルバム「オリジンオブラブ」(物語に出てくる架空バンド楽曲、ミュージカルと映画主演のJOHN CAMERON MITCHELLが歌う)は本当に素晴らしいので胸を張ってロック系が好きな方にはお勧めできます。

雰囲気はこれで伝わるかと→☆ヘドウィグ映画予告編

☆ミッチェルの来日に向けたメッセージ
(歌わず話しているだけで、語学力が底辺の私でも聞き取れる明確発音が既に美しい…!この美発音で歌うわけでw・:*+.\(( °ω° ))/.:+)

非公式につき貼り付けるのはやめておきますが、最近のミッチェルが歌っている動画など見ると本当に素晴らしいです。
声楽系の方なのでもう発声とか発音とか美しすぎて打たれますわ~と再確認しつつ、「ああ私はやっぱり、歌い手らしい歌い手が好きなのだな」と実感しました。

音楽的には共通点はないし、おそらく自分以外は?な捉え方だと思いますが、私が好きな3大歌い手、宮本さんと、スティーブンタイラー、ジョンキャメロンミッチェル、には共通した魅力を感じております。

…きちんと歌を歌える人、明確に言葉を発音し、歌い伝えてくれる人。
宮本さんとスティーブンはロック歌手なので、ミッチェルとは違った荒々しいニュアンス、歌い方をするところが好きです。

スティーブンタイラーのパフォーマンスの安定感(どこの国どこの会場、どこの国のどんなテレビ番組でも、たとえ体調の波があってもキャンセルするほどの体調でなければいつでも)はとんでもないレベルだと思いますが、動画とか見るとミッチェルのミュージカル声楽系のしっかりした発声発音も素晴らしいと改めて。

口だけで歌っておらず、体全体を使った歌い方、体重を声に乗せるとか、顔の表情などもすべておろそかにしない、きちんとした発声テクニックに基づいている歌い方。
ただしテクニックだけの理詰めというわけではなく、最終的にはミッチェルの人間味というか、ピュアなイメージが声に乗ってそのまま爆発する、みたいなとても感情的(エモーショナル、と格好を付けて書いた方がイメージを正しく表すかも)な歌い方。
…それをできる人が、私のイメージする「歌い手らしい歌い手」なのですね。素人が歌うのとは圧倒的に違うレベルの。それは宮本さんとスティーブンにも共通している。

…それぞれ比べられない魅力があるという前提でですが、細かな歌い方ニュアンス、繊細なニュアンス付けをする力、という意味では宮本さんが秀でていると思います(あくまで私の個人的感想です!)

特に力を全開にしない歌い方(星屑の中のジパングなど)や、そしてその繊細な歌い方から一気に全開を通り越して爆発させる緩急が素晴らしいと思っていて(「脱コミュニケーション」などはそれが1曲内でよくわかる、し前述したコーラスを主張しない裏声から乱暴なニュアンスに変化させるというのもまさにそれ)

ミッチェルの映像を見てミッチェルもいいけれどやっぱり宮本さんが好きだな、なんて考えたりも。←結局それを書きたかったのか(汗)いやミッチェルにその書き方は失礼なのでフォローすると比べられない魅力があるのでどちらが上とかそういう話ではないです!


…話変わり今南米ツアー中のエアロですが、スティーブン体調不良で数回公演キャンセルしている為にかなり心配しているのですが。年齢は年齢だからなぁ…
ソロアルバムがかなりよかったので、その勢いのバンドのアルバムをもう一枚聴きたいです…なんにせよ無理せずでお願いしたい。

*追記:エアロスミスツアー再開!!
心配したスティーヴンの体調不良ですが、先に娘のリブ·タイラーから過剰に心配しないようコメントが出ていましたが、ツアーが再開された模様。このニュースに貼られている公式映像の歌声がまた素晴らしいです。私がエアロスミスファンになった時点でエアロスミスメンバーは50代前半でしたが、それから15年経った今でもこの歌声。これは心強い。ファンになってから常に、スティーブン・タイラーは最新の歌声が一番です。勿論音域とか声量は多少制限されたりはしているかもしれませんが、その代わりに細かなニュアンス付け含み表現の深みがどんどん増している。若い頃のライブ音源を聴くと無理に今を持ち上げるわけではなく失礼ながら本当に物足りない。というかこの映像見ると音域声量も進化してないか?とすら思ってしまうのですが、年齢は年齢なので体第一で頑張ってもらいたいです!!
(2017/10/21追記)

相変わらず収拾つかないブログでごめんなさい。
珍しく他話題について書きましたが、サマソニからだいぶ先だなと思っていたエレカシのライブも来月に迫ってきました!

*あまりそれ(エレカシ以外についての内容)を求めている訪問者様はいらっしゃらないだろうなと思いつ(笑)たまに他ミュージシャン話を登場させているのは、自分が書きたいというのも勿論あるのですが、時に他アーについて書くことでよりエレカシの特色を浮かび上がるかもしれない、みたいな気持ちもあったりします(;^ω^)


スポンサーリンク




続きを読む



共通テーマ:音楽

更新できてないですがこれだけは(Mステエレカシ野音中継素晴らしかった!!) [TV]

ちゃんと記事書けないので書きなぐりになりますがm(._.)m汗

野音はスケジュール的に申し込めなかったので本日9/18(月)はMステウルトラフェスでのエレカシ「俺たちの明日」中継を鑑賞しました(つい先程の事です!これから外出予定なので直後更新)

台風心配しましたが野音無事開催、Mステも予定通り放送されよかったですね!!

いやー中継素晴らしかったですね!!!
情報過疎にて幕張のその後宮本さんのコンディションがわからず失礼ながらちょっと心配もしていたんですが、声完全復活してるね!!

というか、見てる時はもう右上ワイプに写った宮本さんの雰囲気がなんか既にどちゃくそ透明感あり渋研ぎ澄まされ感でミュージックステーションの雰囲気一気に透明感添加されましたがなーーーーwうわぁどちゃくそ宮本かっこえええとか過去エレライブ参加友人とテンションおかしめのLINEやりとりなどしており(笑)

画面が野音ステージに切り替わったら透明感添加どころか番組雰囲気一気に野音化しましたあああ来たーーみたいな(野音の中継なのだから当然なのですが!)でうわああああああ行きたかったーーーーー泣ともちょいよぎりつつ、野音の特別感あるエレカシライブの雰囲気が伝わってきて感動。

で宮本さん髪の長さやや短めこざっぱりでちょっと白髪が見えたりがまたも表現不可能渋カッコいい魅力な上、ネクタイ姿がめっちゃ素敵でちょい上司感出てるけどどうするこれ((( ;゚Д゚)))ガクブルと思っていたら、

曲開始→透明感あるハスキー神ボイスきたーーーーーみたいなで、かっこいいやら声がドストレートで響いてますとか、もう泣いてますわコレみたいになり、声のコンディションが云々など理屈であれこれ考える余裕はありませんでした(笑)

…そしてまだ録画見返してないけれどかっこよいのは宮本さんだけではない!高緑さんの激渋真剣な表情、冨永さんが宮本さんに一瞬視線を投げるところがしっかりカメラにおさめられていてそこがめちゃくちゃよかったです!淡々としかし熱い石森さんのギターを弾く姿もかっこよかった…
うーんこう書いていると野音ライブめちゃめちゃ見たいけど仕方ない(笑)

いやぁ今晩は素晴らしい野音ステージが繰り広げられるんでしょうね!!

…とちょっと数行更新のつもりがだいぶ予定外です…汗
*前記事サマソニのレポートの手前、宮本さんの声コンディションが復活してることを目下書きたかったのですが結局長くなりました~



スポンサーリンク





共通テーマ:音楽

更新状況と加筆修正などのお知らせ [ブログについて]

いろいろ書きたい事てんこもりでファンとしては嬉しい悲鳴ですが、ブログ更新にしばらく時間を取れなそうな状況ですm(__)m

最近テレビ出演やフェスなどの影響からか更新していなくても一定数の訪問者様がいらっしゃり申し訳ないのですが、しばらくは過去記事などを修正する程度になってしまいそうです。

早速ですがこちらの過去記事を加筆修正したのでそのお知らせとなります。
記事内容収拾つかなくてタイトル付け方がおかしくてスミマセン!(これで1記事です汗)
『複数内容「好きな曲を選べるか」「宮本さんの【が】発音」「男餓鬼道空っ風」』


ドラマ「全力疾走」主題歌など気になる情報が次々なので、書かなくても皆様そうされてると思いますが公式サイト他にて情報チェックよろしくお願いいたします!!(当ブログ半端に載せるとむしろ混乱を招くので情報系は完全放棄状態ですm(._.)m)
管理人も本買います!!(山崎さんの自宅突撃の際の記事も入るんですかね…入るよね…??)

*細かな記事修正は報告せずにちょいちょいやっておりまして、もしRSS配信されウザかったら申し訳ありません!

*最近は「風と共に」初回限定盤付属のボーナスCDをよく聴いています。東京ジェラシィが恐ろしくよい:;(∩´﹏`∩);:

スポンサーリンク





共通テーマ:音楽

2017サマソニ19日東京(幕張)エレカシ感想、その他雑記(サマソニ初参加者の失敗など) [ライブ]

記事書く時間取れるかわからずあまり触れていませんでしたが→19日サマソニ東京(幕張)行ってきました~
(エレカシ曲バレあり)
めったにない機会なので、今回記事はざっくりですがエレカシ以外アーティスト含むフェスの感想レポという感じにしようと思います!(最初に念の為(_ _))

今回エレカシ出演なければたぶん私は一生サマソニ未経験だった気がします。※実家が首都圏界隈なので帰省にくっつけました~
ちなみにフェスも初ですw(アラフォーにして)

ざっくり感想→サマソニめっちゃ楽しいね、でも暑い!という。学生時代から数々のライブを共に見てきた友人と初参加で満喫してきました。

勿論私は(友達も)エレカシ目当てでしたが、trfとかノリノリでEZ DO DANCE♪でした(*´∀`)

朝一から乗り込むか迷ったものの、もう我ら40越えですぜ…と友人と協議しお昼ぐらいから会場へ。
曇り気味で照り過ぎずベストなお天気だね♪と話していた。
午前中は晴れ間も見え、雨予報は夜半から。自宅出る時雨ガッパ要らんね、が間違った判断でした(›´A`‹ )
途中メッセからビーチ側に移動する際友人と共にコンビニで買うハメに…
天気があやしかったらカッパは持参すべきでした~

最初は昔の音楽仲間友人(今回サマソニは来ていない)お勧めの大森靖子さんを見に行きました。
サマソニ初であるあるっぽいけれど、マリンスタジアム方面は最初メッセに入ってしまうと、そのまま最短ルートでメッセ中突っ切って行こうとすると行けません(笑)(←パンフにも書いてあるしあるあるじゃないって…)
メッセ内ビーチステージ側に行ってからそれに気付き、Uターンして出口から出て、という、めちゃくちゃ無駄に歩いてしまいました。
よく考えたら海浜幕張駅→メッセに入る前の高架橋でマリンスタジアム方面とそういや分岐していた事を思い出す(看板に書いてあった)※通し券はメッセ内で引き換えとか細々注意点あり(2017)

大森靖子さんはあえて先入観なしで曲をほぼ知らずに見たのですが。。いや~よかったです!!ロックですよ。本気です。よい声されていて冒頭いきなりグッときてしまいました。

ビーチにある会場というのも初でしたかこれがまた開放感がありよい。音面では屋外ライブはスコーンと抜けてく感じがして気持ちよいですね。

ただ途中から雲が切れ日が出てきて(大森さんの時)砂の照り返しもあるのかめっちゃ暑かったですw屋外フェスが暑いのは当然ながら、その予想を越えた直射日光に自分倒れるなwと鼓舞しつつ大森さんは最初から最後まで見ました。
→充実のフェススタートを経て、エレカシに備えメッセ方面へ戻る→飲食スペースで食事。

友人とフェス飯というやつですな、と結局スグに買えた焼きそばを食べる(選ばなければすぐに買えました、混んではいましたがちょい待てば座れました)

でトイレには早めに、と思ったらメッセ内トイレかなり並んだので、時間余裕持って並んで良かったです(こんな事書くなですが自分もそうだけれどフェス前に過去様子伺う為おそらく2018にこの記事を検索で見てくださる方がいると思われ。参考までに書きましたm(_ _)m)

友人がせっかくなのできゃりーちゃん見たい♪という事で時間ギリまでエレカシ出演マウンテンステージ隣のソニックステージにいました~(生きゃりーちゃんには非ファンであってもやはり興奮。スクリーンとかステージ設備も流石凄い!)

…と言っても15:50にはエレカシのマウンテンステージにいました。フェス、対バンありという状況でのエレカシは初めてで、一体どんな雰囲気に…?とドキドキでしたがそんな中度々お見かけしてきたスタッフさんがマイクテストする様子に妙にほっとする。

人流れに乗って歩いていたら上手いことステージほぼ正面のえ、こんな前に?という場所に。この際押しのけない範囲で前に行きヤバかったら逃げようかと友人と意見一致(てかどんだけ過去恐ろしい経験したんだというwモッシュ系に共に見た経験ある友人なので)

そんな中もしかしたら過去一番近く?という所まで来れてしまいビビる管理人(しかし前から数列とかそこまでは前ではないです)

でこれは開始したら人雪崩なのか?とか背後を気にしていたらいつの間にか会場かなり人で埋まっている感じ。

でボチボチ16:15。ステージは高めで位置的には見下ろされる感じになりそう…マジかいなというビビりと早く見たいのそわそわを打ち破りメンバー登場に沸く会場。
多少人が前に寄る感じはありましたが、後ろから押される事もなかったです。

屋内ながら熱気でそれなり暑いけれど、果敢にもスーツ姿の宮本さん。

始まったリフはえええこれは1度ライブで聴きたいと思っていた怒濤の「ドビッシャー男」じゃああああ(」゚ロ゚)」で大興奮。

うわぁあああかっけええええ、外タレ系多めフェスに通好み選曲で「男はサムライ」絶叫、これは本気ですわ宮本さん、、とガクブル((;゚Д゚))のカッコ良さ。

少し声かすれてるかな?は感じたものの、「悲しみの果て」にやはり心を打たれまくる。歌う立ち姿も完璧にかっこよい宮本さん眼前にうわぁすげぇという感想しかない。

で「今宵の月のように」は開始前にタイアップドラマの事絡め他簡潔に説明されており、ワンマンライブと違う、サマソニという非ファンも多々のフェスでのよい意味でピリッとした宮本さんの雰囲気も伺えた気がします。ワンマンとのそういう微妙な違いもファンとしては見どころだなと思ったり。

…ただこのMCで気になった事、今回ライブ感想を書くなら避けられんだろうという「声がれ」については必要以上にタラタラ書きませんがやはり無視するのもそれはそれでちゃんと聴いてないみたいになるので書きます。

率直、MC聞けばある程度コアな宮本さんファンであれば声かすれてる?と思ったと思うのですが、私もかなり心配しました。勿論非ファンの人も周囲にいるので友人にねーねーとその事を語ったりそんな素振りはせずに見ていましたが。。
(注記:過去記事でも書いたことがあるのですが、歌謡演歌系のツアー他で演奏しているドラマーの方にドラム習っていた事があるのですが、演歌歌謡の世界でも「連続公演すると声かすれるのは当たり前、だから1週間連日みたいなンサートはほとんど口パク、でも声出なくなるから(いわゆる紅白出るような大御所系含む)仕方ないんだよ」と断言されていたぐらいですから、よくよく考えれば歌手が声掠れると何何どした!?みたいになりがちですけど歌手も人間なのでそりゃたまには声も掠れますよねー汗。誰しも歌ってなくても年に何度かは風邪他理由で声出ない事ありますし…という事で今回珍しく当ブログでこういうレポですが、ダメ出しとか過剰に心配煽る意味ではなく「今回はこうだったよ」という率直感想になります!)

勿論宮本さんは普段通り表情に出すこともなく(厳密に言えばよくよく見れば普段よりは少し険しいような印象でしたが)ここでアー本人が折れ折れになるとそれが会場雰囲気まんまになるので正念場という所かな、しかし無理すると喉によくないし無理して欲しくないな…という思いで見ていました。
そして「今宵の月のように」をたぶん遠目には声の件はわからないような感じで歌いきっておられました!動き含めたパフォと目力は、声は少し枯れていてもむしろワンマンの時以上の気迫。
成熟したバンド(何かあっても自暴自棄みたいにならない)だということを見せつけてもらった感じがしました。いつも通りのメンバーの様子が頼もしい。

会場で大合唱的に今宵~では歌ってる人が結構いて、これはワンマンではない現象でフェスならでは!という感じで熱かったです。

次は「デーデ」。セトリがよく考えられているなと思いました。サマソニには私がきゃりーぱみゅぱみゅやTRFをそのように見るように「ファンではないけどエレカシってどんなやねん?」「せっかくだから有名なバンドは見ときたい」という聴衆も沢山いるのですよね。
そんな中で「金があればいい!!♪」と今宵の月のようにのイメージのエレカシが歌ってたらえ、何何?となるでしょう。
会場雰囲気は前にいて暗くあまり見えないものの、たまにスクリーンに映ると盛り上がっていました!

そして「風と共に」に入る前のMCでは普通にどちゃくそ声が枯れていた宮本さん、渾身の歌でしたが正直かなり辛そうでした。°(°`ω´ °)°。
(でも近くにいた他アー好きだが見に来てみたという雰囲気の若い女性達が、いい歌だね~♪と感想を言っていた!プロです宮本さん!当たり前だけど!)

…過去Aerosmith長くヘヴィファンやってきた管理人、もちろん好きなミュージシャンが辛そうな姿は見ると腸がねじれる辛さだが、「そんなピンチの時にこそバンドの底力が試されてしまうし、ピンチの時こそ【 本物であればあるほどそのバンドが輝く】し【 振り返れば胸に突き刺さった忘がたいライブになる】というのは過去経験から知っていて(Aerosmithでstevenが足怪我してる上にサビ声1部完全に出ないライブをよりによって最前で見てしまった事あり)それが今回なのか!??でもできたらそうならないでくれ…と祈るしかなかったが、宮本さんは声はかすれつつそれでも明確に歌詞が聞き取れ音程も完璧に歌いきっていた。

通してライブのどの部分なのか記憶うろ覚えですが、宮本さん自身もこれは言った方がよいと判断したのか「一曲目(もしくは曲名言ったかも)で声が枯れてしまいました。…本当はいい声なんですけど」+一言二言で会場では少し笑いも起きていました(そんな時でも自らの声について謙遜しない姿勢にぐっときました)

…あくまで管理人印象で断定できませんが、19日の声の様子だと一曲目でというより、開始前から多少喉コンディションについては把握していたのでは?と思いました(ドビッシャー始まりすぐにそれは感じたので)
2日目にも大阪出演があるし、余計な心配をかけない為に、プロ歌い手のベストフォローとしてそういう事にしたのかな、という印象でした(勿論真実はわからない)
…それならなおさら後先考えない冒頭ドビッシャー男の本気叫びが凄いんですけど(笑)

その後「RAINBOW」と気迫の「ガストロンジャー」で見せてくれました~
RAINBOWは声的にはきつそうではあったけれど身ぶり含めキレキレでしたし、ガストではよいノリが出ていてたぶん会場は盛り上がっていたんじゃないかなと思います(この辺後方から見た会場の雰囲気も気になりましたが振り向く余裕はなかった)

…そして「俺たちの明日」
流石というか声は少し持ち直して歌いきった宮本さん。
勿論普段の完璧な美声と比べればそれはベストとは言えないパフォーマンスかも知れない。

しかし完璧ではなくとも懸命に枯れた声も隠さず聴衆を鼓舞する宮本さんのその姿には物凄く胸を打たれたし、枯れた声で汗だくで歌い、ある種の無様さ(と言っても勿論見た目的にはいつも通りかっこいいのだが!)をもさらけ出したその姿は、ステージでない場所で日々戦うロックスターではない男達と何ら変わりはない1人の男なのだ、ということを感じさせられた。そしてなぜかそれがすごく心を打った(正直涙流して聴いていました)
宮本さんも時には不調がある1人の人間なのだ。いつもあまりに完璧な歌声で忘れてしまうけれど…。
でも、こういう人の心を動かすステージを見せてくれる。広い会場を埋め、盛り上げて、感動させ、時に涙させてしまう。やっぱり凄い!そう思わせてくれるパフォーマンスでした。

そして、「さあがんばろうぜ」と前を向き生きていこうと男の人生を歌う「俺たちの明日」が、こんなに説得力を持ち響いてくる事はあるだろうか?とも。

歌詞だけでなくて、自らの姿を持って楽曲の本質を体現している。
そんな渾身のステージはやっぱり目に焼き付いて後々までずっと光るような気がします。


最後「ファイティングマン」ではバンドの息が完全に合ったブレイクとキレキレな演奏と歌を見せつけれくれて圧巻。この辺は歴史あるバンドの強みなのかな?という感じがして頼もしいですね。少しぐらいの不調ではブレようもない。不思議と宮本さんの声も復活していた。

今回サマソニでエレカシを見たいと思ったのは洋楽バンドに囲まれたエレカシの姿を、ファンでない聴衆がどんな反応なのか、見てみたいなというのもありました。ギリに会場に入ったのと思った他前方で見た為にその辺はわからなかったです。
一番見たかったのは、非ファンも多い会場での緊張感があるバンドのパフォーマンスですが、もちろんワンマンもエレカシも大好きな上、やっぱり少しトラブルがあっても勝ちにいく姿勢でワンマンにはないピリピリ感ある宮本さんの気迫はめちゃめちゃかっこよかったです。
会場の雰囲気はよかったと思います。

エレカシの後は友人と打ち合わせ通り後方でTRFを鑑賞。最初2曲ほどでビーチの方へ移動予定でしたが、結局4曲ぐらいは粘りました。
いや~サムさんのダンスは必見ですw

最後はスカパラを見る予定でしたが大降りの雨。もうエレカシ見たし帰るか…??と若干迷いも出ましたが、メッセのコンビニでカッパが売っていた為にがんばることに→スカパラですがこれが最高っによかったです!
ギター加藤隆志さんはもう女殺し的かっこよさがありましたが(スカパラブログではないので遠慮なく書く輩wエレカシについてはこれでもだいぶセーブしてるんですよσ(´ω`*))ギター上手い上に歌声も…!?でマジか~と思いました。

最後の方の曲で隣の人と方を組んでくださいというMCがあり、見ず知らずのおそらく英語圏の方、となぜか肩を組んでノリノリになってました~これぞフェスという感じで楽しい経験として記憶に焼き付けられた感じです。

で、いろいろ時間的都合もあったためにここで帰路に。

【 追記】
宮本さん声かすれについては管理人も気になってSNS他独自に情報見てみましたが、2日目大阪ではだいぶよい状態みたいなのでおそらく一時的なものなのではないかと思います(誰しも声掠れる日とかありますからね~)今週末のスペシャに行かれる方が心配してしまうとよくないかなと思ったので追記させていただきました。てかスペシャ行きたいです:;(∩´﹏`∩);:

【さらに追記でスペースシャワースイートラブシャワーフェス動画が公式でUPされています】←※当記事を読まれた方が心配してしまうとよくないので取り急ぎリンク貼りました。この動画を見ると声がだいぶ復活しています!!

★その他サマソニ雑記
今回行くなら子連れになるから迷ってやめたという友人が、子連れ(小学校低学年)はありな感じか?という事を気にしていた為にその視点で会場様子うかがいましたが、うーんちょっと(いやかなり?)キツいかなーとは思いました。もちろん子連れに配慮したスペースもありますが、肝心のライブは前方行くと危ないし、後方だと完全に見えないし…?
たとえば子供がきゃりーちゃん見たいとなっても不可能ではないけれども見せてあげるのは至難かなとは思いました。マリンスタジアム側との移動距離もなかなかなものがありますよね。親御さんの手腕でうまく楽しく見ることも不可能ではないと思いますが、管理人自身育児していますが私はせめて高学年になってくれないと厳しいかなという率直感想。
子連れであればスペシャやライジング他屋外フェスでテントとか借りたり半アウトドア的レジャーとして参加、会場が後方からまったり見るが可能なフェスなら楽しめそうですね。サマソニはちょっときつそうな印象です。※あくまで個人的主観による感想です!

*私は残念ながらもろもろ自分や家族の都合と照らし合わせ、年末までいかない年末付近までライブ予定なしです~。本当いろいろ気になるお話があるのですが次回更新もいつになるか、もしかしたらしばらく空いてしまうかもしれませんm(__)m

スポンサーリンク